自宅の電話機を更新

長年自宅で使用してきたパイオニア製の電話機を今回更新しました。使用してかなりの年数が経過していることと、最近になって通話が終了して子機を充電台に戻してもうまく接続が切断されなくなった、致命的なのは子機の液晶表示が何も見えなくなって、通話番号等も見えなくなる始末で、今回買い替えました。

大きな液晶表示ができる機種ということで探してみると、案外機種が限られており、使いやすさ、見易さ等の点から再びパイオニア製のものを選択しました。子機2台が付属して、17,800円ほどでした。いつもだと、ヨドバシに足を運ぶことが多いのですが、今回はビックカメラで購入しました。ビックカメラ独自の延長保障も加入してポイント支払いも含め、17,100円となりました。寄り道をしたりして帰宅時間は遅かったのですが、それから電話帳登録やら、子機の設定など面倒な作業を途中まで済ませて新たな電話機へバトンタッチを済ませました。

今回購入した電話機はパイオニア製のTF-EV553Dです。写真を撮ればよかったのですが、まあメーカーサイトの方を見るほうが良いでしょう(笑)。ただ、不明な点が、購入時のデフォルト設定が0033モバイルを経由する設定となっているようで、ひかり電話を利用している場合等解除してください、発着信できなくなることがありますとなっており、パイオニアサポートに連絡するも、土日は休みのようなので問題解決になりませんでした。うちは、フレッツ光ネクストに移行した際に、ひかり電話にしたのですが、まあ、パイオニアのサポートへは問題なく発信しているので問題なしかと勝手に思っていますが真相は如何に?

 

カテゴリー: 一般 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA