OS 10.9 Mavericksに移行

10.9がリリースされた当日に移行する予定でしたが、平日とは言えサーバーがかなり混んでいると思われダウンロードするのにかなりの時間がかかり、途中で諦めて翌日以降に持ち越していましたが、週末の時間を狙って移行を完了しました。今回はメジャーアップグレードとは言え無料配布となった事もあってか、沢山のユーザーが移行をしたような感じがします。

新規のOSと言うのは新機能を早く楽しめる事がある反面、バグなどの不具合が多くあるのも覚悟しないといけません。既にAppleのサポートコミュニティ等には多くのレスが上がっています。Mac、Windows問わず言えるのはコンピューターの中身の環境は人それぞれで、例え全く同じ機種を使っていてもOSレベルで言う所の環境は異なります。ですので同じ機種を使っている人の解決法は参考にこそなりますが、100%解決できると言う保証はありません。幸いにも私は10.9に移行後に大きな不具合に現時点で遭っていませんが、アプリケーションで起動できなくなったと言う事象はありました。普段から多用しているアプリなら大問題ですが、おまけ程度で考えているアプリなら時間を置いてアップデートされるか、それもなければ思い切って切るかを判断しなければなりません。現状のOSで満足しているならば、しばらく落ち着くまでアップグレードを待つと言うのも良い選択かもしれません。

 

 

 

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA