時が経つのは早い

真夏の暑さに苦しめられているこの頃だが、気付けばもう8月。学生も休みに入り、通勤時によく見かけていた登校時の列も今は見られない。日頃、歩いているときなどいっしょになると、歩くペースなどが違っていらいらすることもしばしばだが、今の時期はそれもない。学生の頃は8月と言っても休みは未だほぼ1ヶ月近く残っているので、休み中に出された宿題にも未だ手を付けずに居た頃である。特に母親からしてみれば、弁当を作ると言った余計な事から開放される反面、昼飯を毎回作ると言った煩わしさがあるので、どちらがよいのかは微妙なところかもしれない。

しかしこの間7月かと思えばもう8月になっており、明らかに感じる事は子供の自分に比べて時間の経過が数倍も早い事である。平日であれば1日のうちの1/3以上は職場にいる計算になるので、当たり前と言えばそれまでだが・・・・。言い換えれば、子供の頃は有り余るほどだった自分の時間が、今ではどの位あるだろうか?

カテゴリー: 一般 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA