加湿器登場

夏場は湿度が高く蒸し蒸しした陽気が続き、エアコンを入れない機会の方が少ないですが、冬場も寒くなってエアコンの世話になる機会が多いです。家では安全上石油ストーブを使っておらず、その分、エアコンに頼る日が多いのが実情です。ところが冬場にエアコンをつけていると、湿度が下がり、それに加えて外気も乾燥してくるために、喉をやられてしまう事があります。喉が痛くなると、大抵空気が乾燥していると判断できます。

そこで少し早めに加湿器に登場願いました。まだ、湿度の乾燥を表すアラームは出ていないので、それほど強めに運転することはありませんが、これからの時期活躍の場は多くなると思います・・・。

ところで、土曜の午後にかなり久しぶりに停電がありました。ちょうどその時間は居間でテレビを見ていてウトウトしていました。最初はテレビが消えていたため、母が居眠りをしていたのでテレビを消したのかと思ったのですが、テレビの主電源まで落ちていて、家の中をチェックすると、電話機、給湯システム、インターフォンの電源が落ちていて、初めて停電とわかりました。すぐに復旧したのですが、電話機や給湯システムなど日頃使いやすいよう設定している情報がクリアされてしまい、すべて入力せざる負えませんでした。子供の頃は落雷などによる停電の他、結構原因不明の停電があった気がしますが、最近でこそ停電なんてほとんどありませんでした。かの東日本大震災の時の輪番停電の時でさえ、家はその対象外だったので停電はありませんでした・・・。
ちょっと久しぶりの経験?でした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA