MacPro 2013アップグレード 内蔵SSDの容量をアップ

ついこの間、整備済み商品と言う事でAppleのオンラインストアから購入したMacPro 2013。前回は16MBだったデフォルトのメモリーをamazonで手頃な価格で販売されていた64MBメモリー(16MB×4枚)を購入してアップグレードを実施。公称最大64MBととなり、日頃の使用においては全く問題ない環境となりました。

今回はデフォルトのSSD256MBをアップグレードし2TBにした作業を記します。内蔵SSDの容量に関しては256MBで十分と言う人もいれば、足りないと言う人もいて意見は様々ですが、MacPro Mid2010の頃はその豊富な拡張性から、2.5インチタイプのSSDをセットしたり、はてまたHDDを増設したりと手段は豊富だったのですが、MacPro Late2013からは拡張するには本体外側に接続する形で行うか、内蔵のものを置き換えるかと言う事になります。SSD本体の価格はまだまだ手頃と言えるほど安くはなく、純正品ともなれば1TBにするだけでかなり高額な予算を組まないとなりません。

そんな中で今回、容量対価格でかなり良いSSDを見つけてアップグレードを行いました。アメリカのVintage Computerさんで、Intel 660P PCIe SSD 2TBで49800円(税、送料別)で販売されていました。純正品に比べたら速度的には多少不利にしても、2TBの容量でこの価格なら多分、相当安いと思い購入しました。国内でもamazonを始め、秋葉館等Mac専門店をいろいろと調べて見ましたが、これより安い製品を見つける事はできませんでした。容量が512MBとか、1TBなら他にもそこそこ安いのがあると思いますが、2TBだとちょっと見つけられませんでした。

本体付属の純正SSDを外付けとして使用する事ができるSSDユニット。USB接続で使用。製品はOWC Envoy Pro PCIe SSD USB 3.0 ケース

センターにある、SSDを交換し終えたところ。熱対策用のヒートシンクが見える。

Intel 660P PCIe SSD 2TBの外箱。純正品に比べるとスピード的には不利との事だが、Intel製と言うことなので製品の信頼性は大丈夫だろう

SSDの外箱の裏側に2048GBの文字が。2TBのSSDだと普通に考えると軽く10万オーバーと想像するけど・・・・

全行程の作業は4時間半程で終了。パーツの取り付け交換はそれほど時間はかからないが、システムインストール、ファイルやアプリの移行に時間がかかった。移行だけで3時間ちょっとを要した。