慌ただしかった週末

ついこの間、母の兄の奥様がステージ4のがんで危篤状態と言う事でしばらく名古屋にあるお宅に出かけていて、自宅に戻ってきたのもつかの間、土曜の早朝に電話があって亡くなったと言う事で、急きょ、名古屋に向かいました。母の兄も足が悪く一人での生活も自由が利かない状態で気の毒でした。それでも、最後までお元気であったようで、たまに電話をいただいていましたが、声も大きく、ステージ4のがんと言う事を聞いたときにはちょっと信じられないような感じがしました。しかしながら、長い間苦しんだりすることもなく永眠できたのはよかったと母が言っていました。

実は慌ただしい中で、私の実の母の姉妹の娘さんから久しぶりに連絡をいただきました。実は亡き父がとある理由があって連絡もせずにいて、縁遠くなっていました。じつに50年近く経っていて、小さい頃は良く遊んだので懐かしく思いました。何度も連絡をしたそうだったのですが、知らない電話番号には応対しない事にしていたためになかなか連絡が取れなかったようでした。懐かしい話も聞けてうれしかったです。

今回はあっという間の週末でした。いろいろありすぎて・・・・・・(笑)

「慌ただしかった週末」への2件のフィードバック

  1. 慌しい週末、お疲れ様でした。
    いとこからの久々の電話、良かったですね。
    我が家もいとことの関係は、父の弟以外のご家族とは、縁が薄くなってしまっています。今後、叔父や叔母のお葬式の話も出てくると思いますが、なるべく縁をつなぎ直したいと思っています。

    1. くーぺさん
      すべての親戚関係とうまく行けばよいのですが、なかなか難しい面もあります。父とは関係がうまく行かなかった面もあるかもしれませんが、私に取っては、実の母を通して血のつながった人たちですから、大事にしていきたいと思います。
      すでに父は他界していて時代も変わってますから・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA