WWDC 2021

ついこの間、WWDC 2021があって新たな発表がありました。様々な予想や噂がありましたが、結局、ハードウエアの発表はありませんでしたが、macOS Monterreyの発表とiOS 15、iPad OS 15、WatchOS 8等の発表がありました。新しいOSが発表になると気になるのが自分のMacが対応しているかどうかと言う事。と言うのも、今のMacPro (Late2013)を購入したきっかけと言うのもBig Surがリリースされた時に、以前のMacPro (2010モデル)がアップグレードの対象から外れた事でした。もちろん、古いmacOSとは言えサポートが継続してる段階では使用していても問題はないのですが、気分的に古いOSを使っていると言うのもあまり良い気がしない?(でも言い換えれば、完全にメーカーの思うつぼにはまっているとも言える)・・・・・

恐る恐る?macOS Monterreyに対応している機種を調べてみると、Late 2013 and later Mac Proとなっていたのでほっと一安心。M1 MacBook Airの方はもちろん問題なしとして、Early 2015 and later MacBook Airとなっているので、此の時点でMacBook Air(Mid 2014)はBig Sur止まりとなりました。

拡張性がなく失敗作だと言われている、ゴミ箱型MacProですが、目下の所、うちではメインマシンとなっています。やはりM1 MacBook Airだと今までの環境すべてをトレースできるわけではないので貴重な存在です。

「WWDC 2021」への2件のフィードバック

  1. 今回新しいハードの発表はありませんでしたか。
    久しぶりに本屋でMacFanを見かけ、ページをパラパラめくってみました。
    新しいiMacは、魅力的ですね。
    あの薄さもさることながら、カラーバリエーションがあるのが、懐かしいです。
    欲しくなってしまいましたが、当然のことながら、今のマシンを最低でも後6年使ってからですね。
    新しいOS出るんですか? BigSurはまだインストールしてません。前回、画像ソフトGIMPが使えず、苦労したので、今回は慎重です。

    1. くーぺさん
      MacFan懐かしいですね。昔はMac関連の雑誌はほぼ毎月購入していた事がありましたが、最近は全然です。オンラインでも見られますし、何と言っても今の時代、ネットで必要な情報がほぼ入手可能な事もあって、余程の事がない限り紙面で読む事はなくなりました。

      昔から、カラーバリエーションとか、目を引くようなデザインはiMacが最初と言う感じですね。やはり値段的にも多くのユーザーが購入しやすいと言う背景もあるかと思います
      OSは必要に迫られなかれば、あえてアップグレードせずに使い続けると言う選択肢もありますね。ただ、サポートが終了してしまうと、セキュリティ上の問題とか、普段使っているアプリが動かないと言う事も出てきますから、そうなったら移行する、慎重にと言うので良いと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA