PowerBook G4 12インチの火入れ

しばらく電源も入れずに放置状態が続いていました、PowerBook G4 12の火入れを行いました。内蔵のバックアップバッテリーは疾うの昔にダメになっているので、日時や時間などもすべてクリアされていて再度設定をしました。せっかく設定してもバッテリーも空の状況で充電されるまではしばらくかかるので、このまま電源を切ると恐らく設定はクリアされてしまうでしょう・・・

最近はM1 MacBook Airに慣れてしまうと、かつて普通に持ち運んでいたPB G4 12がずっしりと重く感じてしまいます。内蔵DVDドライブや、バッテリーの重さが嵩んで結構な重量(2kg以上?)になるのではと想像します
さて、今回火入れしたのは、昔のMacで使用していたワープロソフトがフリーでダウンロードできる事がわかりインストールしてみようかと思い立ったからでした。全く問題なく起動できたのですが、起動したMac OSのバージョンを見ると10.5でした。クラシック環境に対応しているのは10.4まででしたのでこのままではインストールできません。

初代PB G3がMac OS 9.1で起動できているので、もうクラシック環境を構築しなくても良いと言う事でアップデートしてしまったのかも知れません。人の記憶と言うのは全く怪しいものです・・・(^^;;)

ところで、父がかつて使っていたCanon Powershot S45ですが、今後も使えそうなので新しい互換バッテリーを購入しました。これでしばらくは活躍してくれるのではないかと期待しています。昔のデジカメとは言え、今でも撮影できています

さて、そんな事で今回電源を入れて起動した、PB G4 12をPowershot S45で撮影しました

キーボード部分とトラックパッド。今では当たり前ですが、当時は未だ斬新な感じがしました。ちなみに最初にトラックパッドを採用したのはPB 520からだったと記憶しています

本体全体。Mac OS 10.5を起動しているところ。内蔵ディスクはSSD化してあります。ディスクを見て見ると懐かしいアプリが入っていたりと・・・・

PowerBook G4 12インチの火入れ」への2件のフィードバック

  1. PowerBookG4が動く姿は、やっぱり良いものですね! HDDはSSDに換装されたのですか! もう対応内蔵ディスクも作られていないことを考えると、PismoもSSD化して生きながらえることができれば、やってみたいです。G4Cubeもお金かけずに電源が入らない原因を特定して、パーツ変えて復活させたいものです。

    • くーぺさん
      Pismoも是非、長寿命化対策をやってみてください(^^)
      すでに同様の事にトライされている勇者もいるようですので、参考にできますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA