iPhone 7が登場したけれど

新たなiPhone 7が発表になりました。私個人的にはすでに6s plusを持っているので継続させるか、あるいは買い換えするのかは迷うところです。日本版iPhoneの今回の大きな特徴はいよいよApple Payに対応し、SUICA情報を登録し端末を改札機にかざせば乗降可能な所でしょう。しかも、その他ショッピング等でも使えるようになったのは日本のiPhoneユーザーに取ってみれば、大きなメリットと言えます。

私は6s plusにしてまだ支払いの残金が残っているので、即買い換えとはいかないところがあります。予定では10月からSUICAへの対応が開始予定になっているようですがしばらくお預け状態です。もっぱら、6S plusを持っていれば、Apple Watch 2を購入することでSUICA機能等は利用できるようなので、そちらの方が現実味がありそうですが、いずれにせよある程度の出費が必要となりそうです。

つい最近、MacProの買い換え(late 2009→Mid 2010)、CPUアップグレード(こちらはまだ未実施)等の予定もあって、予算を絞り出すのが大変です。

iPad Pro 9.7運用中

早めの購入決断が幸いして発売日当日に手元に届きました。どのモデルを購入したかというと、WiFi+Cellular 32GB のローズゴールドです。今まで使用していたiPad Air 2が64GB WiFi+Cellularだったので、容量としてはサイズダウンした形になります。ただ、使い方としてそんな容量を圧迫するほどのアプリ等をインストールしたことがなかったため、今回あえて出費を抑える上で32GBモデルを購入しました。とは言いましても、先代のモデルは最下位モデルは16GBからの販売を考えると、今回はその倍は確保できていると言えます。

今回、興味があったのはApple Pencilを使った手書きメモなどが取れる機能があることでした。本体と同時にこのApple Pencilを持ち歩かないとなりませんが、Lightning経由でチャージができるという一品です。ただ、iPad本体カバー等に収納できるような品があれば良いかなと思っていますが、すでにあったりするのかな?

Apple Pencilの外箱。Pencil本体以外にペン先等の交換パーツも入っています。本体だけ取り出して捨ててしまわないよう注意。同時にオーダーしたのですが、なぜかPencil本体だけ先に到着。

SDIM0178

Apple Pencilの箱を開けた中身。本体と、交換パーツなど収納されていました。

SDIM0181

さて、1日遅れて到着した本体。梱包パッケージを開けると、この外箱が登場します。ピクチャーイメージからでは少々わかりにくいですが、ローズゴールドであることがわかります。随分と本体が薄くなったなあと感じます。

SDIM0169

箱を開けると、iPad本体、ACケーブル類、説明書が同封されている。この辺は初代の頃からとパッケージ内容は変わっていないと思います。

SDIM0171

iPad Proを使い始めてまず実行したことが、液晶画面にフィルムを貼ったことです。この辺は個人差もありますが、どうしても手の脂や皮膚などの脂が画面についてしまうので、早めにフィルムを購入してショップで貼ってもらいました。私はよくよくベッドの上で寝ながらテレビやらYouTubeを視聴することがありますが、気づくとそのまま寝入ってしまい、起きると画面にべったりとおでこの脂が付着していったという経験からです。手先の器用な方ならフィルムを購入して自前で貼り付けを行うといった方もいるかと思います。私は手先が不器用なので、ショップに依頼しました。多少高くつきますが、プロがやってくれるので綺麗に確実に貼ってくれます。

Apple Pencilを箱から出すと、ある程度は充電されているようですが、念のため一度充電する方がいいかもしれません。私は使用前に一度充電しました。Apple Pencilの頭の部分が外れるようになっているので外します(頭のキャップを無くさないように注意)。Apple Pencilのパッケージの中に、Lightningケーブルを接続するための変換コネクタが入っているのでこれをPencilの頭につけます。わかりづらいので以下に画像を示します。

まず、Apple Pencilの頭のキャップを外したところ。

IMG_0108

Apple Pencilパッケージに入っている変換コネクタをPencilの頭に装着したところ。

IMG_0109

この状態でLightningケーブルが接続できて充電ができます。

IMG_0110

これらのパーツは小さいのでなくしたりしないように。何か、小物ケースみたいなものを用意して保管するのがベストかもしれません。

手書き認識をさせるために、App Storeから幾つかのアプリをダウンロードしました。Penultimate、Evernote、Note等。参考にiPad Pro 手書き認識というキーワードで検索をかけるとすでに多くのユーザーが使っているので、使いやすいアプリを紹介しています。私も同様の方法でこの3つのアプリをインストールしました。機能の全てを試したわけではありませんが、メモ書き程度で、私個人的にお薦めはNoteとPenultimateの2つが使いやすいかなと。

SDIM0182

 

ある程度参考になれば良いのですが、手書き認識もアプリの使い方によっては上手いデザインが描けたりと様々な使い方ができるようです。私はとりあえず手書きメモ程度と言うことで。

ネットワークを元に戻す

最近のエントリーにてしばらく使っていたAirMac ExtremeからNEC Aterm WG2600HPに変更したことを報告しました。あれからしばらくの間使用してみたのですが、ネット接続等基本的なことを問題ありませんでした。AirMac Extremeに比べて劇的に通信速度が改善されたということもありません。Extremeも現状では最新型なので、期待が少々大きすぎたかなという感じでした。

反面、iPadで視聴できていたテレビが全く見られず、何度も設定を初めからやり直してみたのですが効果なし。メーカーサポートを確認すると、最新のiPad Proは動作確認のリストに入っておらず、これはダメかと諦めていました。試しに以前のiPad Air 2で接続してもダメで、これはひょっとするとネットワーク上のトラブルかなと感じていました。連休に入り、少々時間ができたので、元のAirMac Extremeに戻して再度設定を行ったところ、あれほどうまく行かなかった設定がすんなりと終わり無事テレビ視聴できるようになりました。最新のiPad Proでも視聴できているので、ネットワーク関連の問題かと思います。

NEC Atermの設定においてのネットワーク拡張設定で、TVモードを有効にするというのがあるのですが、この辺を見直す必要がありかもしれません。基本設定を行った段階では気づいていなかったのですが、Aterm本体にあるTVモードランプが点灯していたので、これが有効になってしまっていることにより、何らかの干渉を引き起こしているのかもしれません。今回、せっかくExtremeに戻したので、しばらくこのまま運用を続行する予定です。

 

 

iPad Pro 9.7inchを予約

今現在、iPad Air 2を使用しています。これはApple Storeの方でSIM Free版を購入し、一番最初に購入したSoftBank版のiPadからSIM Cardだけを入れ替えて使っています。今回の購入で3台目になります。SoftBank版のiPadは友人に譲るとしても、SIM Cardだけ購入できるか微妙なところがありますし、今流行の格安SIMを購入してもSoftBank版では使えないでしょうから、実に中途半端な存在となっています。もう、おそらく中古ショップに売るか、コレクションとして家に飾りとして取っておくしかないでしょう。

iPad Air 2であれば友人に譲れると思いますし、今後の活路としても明るいと思います。さて、今回はリリースされる前からiPad Pro 9.7inchは予約を入れる予定でした。iPadはほぼ毎日使っていますし、Macは忙しい時など起動せずにそのまま寝てしまうことがあっても、iPadはまず間違いなく毎日使います。ですので、できるだけ良い性能のものを使いたいというのが心情です。iPad Proの時は購入することはありませんでした。やはり、持ち歩くにはちょっと大きすぎるし、使い勝手で言えば、Mac Book Airの方が個人的には上でしたから・・・・。

iPhone SEに比べると人気はイマイチだったようなiPad Pro 9.7inchですが、予約開始当日にローズピンクの32GB Cellular +WiFiモデルを予約を入れました。今の所、3月31日の発売日当日に届くようです。32GBだと容量的には少ないかと考えもしましたが、ネットワークドライブなどを上手く使えば、32GBでも行けるのではないかと思い、出費を抑える上で32GBモデルとしました。さて、実際に実機が届いたら、皆様に報告することにします。楽しみに待ちたいと思います。

iPhone 6s plusでの運用開始

月曜に宅急便で待ちかねていたiPhone 6s plusが手元に届きました。箱から取り出し、まずは現物の確認と5sからSIMカードを取り出し6s plusの本体にセット。nano SIMになってからカードを紛失しないよう気をつけて作業をしています。あの大きさでどこかに紛失してしまうと、探すのはかなり大変だと感じます。電源を入れて起動の確認とセットアップ作業。5sからのアプリをiCloudを経由して転送。これらすべての作業が完了するまで約40分ほど。思ったよりダウンロードに時間がかかりました。

早速、セットアップした本体を持って仕事に出かけました。5sに慣れていると、やたらと大きく感じてしまう6s plus。ただそれは決して悪い事ばかりではなく、画面が大きくなったので文字などは見やすくなりました。さらに表示に関してはもう1段階大きく表示ができるようでしたが、standardな設定をチョイスしました。それと6s plusになってから本体の脇にスリープボタン(長押しで電源OFF)がついて非常に助かってます。職場の建屋の中が電波が拾いにくく、5sの時はAir planeモードにするかしないと、バッテリーを浪費するだけでしたので、このスリープボタンがついてくれたのは非常に助かります。それ以外に初めてSiriの設定を行いました。今日の天気は?と言うとちゃんと地元の天気情報をオープンしてくれます。これは結構遊べますね・・・(笑)

100_0232

最近のエントリーに写真が少なかったので、今回はちょっとばかりアップします。まず、iPhone 6s Plus ローズゴールドの外箱になります。

100_0233

 

箱の横にiPhone 6s Plusの文字が見えます。

100_0235

ちょっと見ずらいかもしれませんが、iPhone本体裏の刻印。iPhone Sと見れます。このS表記はこの6sシリーズからです。私の5sの裏を確認しましたが、S表記はありませんでした。

100_0238

今回の新色のローズゴールド。人気が高いと話を聞いていますが、私のは16GBのモデルになります。とりあえず、満杯になるかどうかは使い方次第ですが、音楽などは基本iPhoneでは聞かないので多分事足りると踏んでいます。

まだ使い始めて1日目ですが、これからいろいろと楽しみながら使い込もうと思っています。まだ、噂のカメラ機能も試せていませんが、これも近いうちにテストしてみようかと思います。

iPhone 6 plusの出荷のお知らせメールが届いた

先週末の事ですが、AppleStoreに予約を入れていたiPhone 6 plusが出荷されたと言う内容のメールを受け取りました。今回、AppleStoreにSIMフリー端末を予約した事は過去のエントリーにてお知らせしました。現行の5sはSoftbankで購入しましたが、今回は最初からAppleStoreで購入と思っていたので、Softbankでのアクションはいっさいしませんでした。

出荷案内の詳細内容を見ると国際宅急便扱いになっており、中国のShenzhenで荷物を預かりましたとあるので、中国のShenzhenにある工場から直接配送されるようです。AppleStoreで受注したすべての製品がこのケースに当てはまるかどうかはわかりませんが私の場合はそうでした。購入したモデルは6s Plusの16MBモデルのローズゴールドです。新製品の売りの色でもあるローズゴールドは人気が高いようです。現時点でも納期は3-4週となっていますので、手元に届くまでおおよそ1ヶ月弱かかるのではないかと思います。

iPhone 6s plusを予約注文

前回エントリーでリリースされたばかりのiPhone 6sを購入するかどうかで悩んでいる話をしました。現在の5sも現行モデルですし、あえて買い換えなくても良いという考えがありました。いろいろなサイトで6sの良さを紹介されており、新機能等も含めて良い製品である事がわかりました。現行の5sは私の母が5cに買い替えた際に同時に購入した、いわゆるソフトバンク店頭で購入したものです。家族割りの事等もあり、ソフトバンクから早々に乗り換える事は考えていませんが、将来の事なども考えてAppleでSim Freeモデルをチョイスしました。

プライスだけで考えるならば、ソフトバンクで購入するほうがかなり有利という事は予想できました。現行で使用している端末を下取りにして新機種に切り替えるなどという方法が取れるのも、携帯回線会社ならではと思います。しかし、新端末は手に入りやすいものの、今まで使用していた端末は取られてしまいます。まあ、敢えて古い端末を再度使用するかどうかは個人によりますが、ただ、端末を購入したというイメージよりは、端末をレンタルしていたというイメージが強い気がします。携帯会社としてみれば安く提供する代わりに、ユーザーを引き止めておきたい状況があると思われます。

今回私はiPhone 6sを予約注文しました。画面が大きいほうが良いか、今まで通りのサイズが良いかは個人差があるかと思いますが、新端末という事もあり6s plusをチョイスしました。さて、現時点での納期なんですが、web上には3〜4週間となっており、自宅に来るのは10月半ば過ぎ頃になりそうです。もちろん、待つのも楽しみの一つと言えますから、楽しみに待つ事にします・・・・。

iphone 6sやiPad Proの新製品がリリースされた

9月の段階で新製品(特にiphone関連)が発表になる噂は前からいろいろと耳にしましたが、ようやく蓋を開ければという感じで、iphone 6sシリーズが発表され、それ以外にもiPad Pro等も発表されていました。昔からApple製品を使ってきた者にとってはこの時期、どんな新製品が出るのかは非常に気になる時期です。

現在、iPhone 5sを使っていますが、6が発表になった際にも気になって仕方がありませんでしたが、買い換えるか、それともまだ先にするか・・・・。そんなことを考えることも言わば一つの楽しみと言えます。今現在使っている5sは家族が買い換えたのと同時期にソフトバンクで買い換えたものでした。いわゆるsimロックがかかったモデルで、ソフトバンク以外の回線では使えません。iPadについては、iPad Air2を購入した時点でsim freeのモデルを購入したので、今まで使用していたソフトバンクのsimを差し替えて利用しています。iphoneについてもそれと同様のことを考えています。

ただ、よく考えないとならないのは、ソフトバンクなどの回線業者が端末と回線使用料を込みで割引価格を設定していると、どうしてもそちらのほうが安いようです。今後、回線業者を変えずに行く場合、新製品が出るたびに買い換えるというなら、sim freeモデルを買う意味はあまりないかもしれません。後はAppleで買う場合と比べてどちらが入手しやすかということでしょうか。以前、iPad Air2を購入した時はAppleの方が早く手に入りました。

もうすでに、予約販売は始まっていて、Appleやソフトバンクなどからも案内のメールが届いています。う〜ん、悩みますねえ・・・・。

iPad Air2の画面にフィルムを

年末年始休みを利用して普段使用しているiPad Air2の画面にフィルムを貼ってもらった。本体画面は鞄に入れているときはカバーをつけているので、直接画面が傷つくような事はないと思うのだが、タブレット端末の性質上どうしても画面を指でなぞる操作があって、手あかや脂等で画面は汚れやすい。ただ、フィルムを貼ると簡単に言っても素人が貼るとどうしてもうまくいかない・・・・。

今回は横浜のランドマークの中に開店したUnicaseさんでフィルムを購入し貼ってもらう作業をお願いした。年末の休暇とあってかなりの人がランドマークの中を往来していましたが、お店に到着して作業をお願いすると、30分もかからずに作業は終了。さすがにプロが貼るときれいに貼れていて、過去にiBookに自前でフィルム貼りにトライして見事に気泡が残ったことが記憶にある者にとっては、大変ありがたいサービスと言えます。最近では、YouTube等で貼り方のコツなどを紹介している事もあるようで、それを参考にしてトライしている人も多いようですが、不器用な人間にとってはどうも敷居が高い気がします・・・(笑)

IMG_0027

 

←フィルム貼り付け終了後(1)

 

 

 

IMG_0028

 

←フィルム貼り付け終了後(2)

 

 

上の画像からはわかりにくいかもしれませんが、仮にフィルムがない状態であれば、画面上に指紋や脂等の汚れが付着して曇ったような状態に見えますが、それがありません。

iPhone 5Sに機種変更

久しぶりのエントリーとなりましたが、iPhone 5から5Sに機種変更しました。実は母がiPhoneに多少興味があったらしく、機種変更するに当たって手助けをしていたら、自分も5Sが欲しくなったという図式でした。母はブルーの5C (16GB)で、私はゴールドの5S(32GB)にしました。前回の残差が残っていたのですが、それはSoftbankが持ってくれるというキャンペーン?で24回払いで5Sをゲットしました。

母はまだ使い方をいろいろと悩みながら使っているらしく、今回ようやくメールを出せるようになったようです・・・。巷では間もなくiPhone 6が出るという噂がありますが、それを待たずして機種変更しました。iPhone 6だと騒いでいても、おそらく最初はすんなりと入手できるのはごく限られたユーザーでしょうから、今回の機種変更は後悔してません。詳細はまた別エントリーにて。