iPad Air入荷の連絡が来た

iPad Airの販売開始と同時に秋葉原に立ち寄り予約を入れてきまして、ようやく入荷の連絡が来ました。おおよそ入荷まで2週間ほどかかったような感じがします。ただ、入荷の連絡が来たのが土曜の昼頃で、すでに家の用事で動いてしまったいたため、次週の週末の金曜に受け取る事にしました。今現在使用しているiPad for Retinaよりも重量/厚さ共に軽く、薄くなる事で鞄に入れても今までほど重みを感じないのではないかと期待しています。

今、使っているiPad for Retinaは多分セコハンショップ行きになるかと思います。まあ、しばらくは手元に残しておいても良い訳ですが。どうするかは、もうちょっと考えて回答を出す事にします。

iPad Air未だ連絡なし

発売日に秋葉原に行ってiPad Air Cellular 32GB for Silverの予約を入れてきましたが、現時点で未だ連絡なし。各キャリアによって差があるのかはどうかはわかりませんが、私のキャリアはSoftbankです。32GBと言うのは人気が集中しやすのかもしれません。16GBだと容量的に少な過ぎて敬遠され、64GB以上だと価格的に高いとすれば、32GB辺りが妥当な線なのかも。併せてAppleStore onlineを見るとWirelessモデルでさえも当初より納期が延びているようです。それによると、納期が5-10営業日となっているのが32および128GBモデルのようです。その他は5-7営業日となっています。早めにゲットできた人は既に使い倒していると言う方も多いような気がしますが、販売開始初日に出かけたにもかかわらず現時点でゲットできていないとなると、未だかなりのバックオーダーを抱えていると予想できます。

3rd gen.(iPad for Retina)を購入した時には発売当日に16GBモデルを夕方に秋葉原に行って購入できましたが、今回はその時と違い大幅なモデルチェンジを行った事もあってか、予想より多くのユーザが買い求めているのかもしれません。さあ、何時入手できるのか、月末あたりか12月に入るか・・・・。

大容量バッテリーを注文

iPadやiPhoneを持ち歩いていて困るのはバッテリー残量が少なくなったときに如何にして充電するかと言う事。職場などでコンセントが使える状態なら良いが、そうでないと心細い思いと、何時バッテリーが0になるか冷や冷やしなければならない。この前、JR系のホテルに宿泊したときに、いつものようにiPhoneを充電すべくLightningケーブルを取り出し、変換ケーブルと充電ケーブル(ホテルに備え付け)を接続してみると、何と充電されない・・・・。調べてみるとホテル備え付けのケーブルが接触不良で充電状態を保持されていないことが判明。ホテルに理由を述べて部屋を交換という手もあったが、備え付けの備品の不良で部屋を交換してくれるかどうかもわからなかったので、残量50%以下で何とかその日を凌がねばならない事態を経験した。不思議と車のガソリン残量が少ないときも同様に、気分的にどうも気が落ち着かない。

そんなことで急遽大容量バッテリーを注文することにした。メーカーHPによると、iPadの充電が1回以上、iPhone 5では約5回程度の充電が可能となっており、これならば仮にバッテリー残量が少なくなったときにも心細い思いをしなくて済みそうです。今回、楽天が日本一になったこともあって、楽天市場で発注したことで値段的に多少安く購入できたようです。購入した品はEnergizer XP 18000Aです。ノートパソコンのバッテリーとしても使用でき、且つiPadやiPhoneの充電も可能という、言わば”空中給油機”的な使い方ができるのは便利です。

 

iPad Air実物を見てきました

金曜の仕事帰りに秋葉原のMac Correctionによって現物のiPad Airを触ってきました。やはり店に入ってくる多くの人はリリースされたばかりのiPadに興味があるらしく、普段の金曜よりも多くの人が展示品を見て触っていました。私も実際に触ってきて感想はと言うと、まず感じたのはその軽さ。私は現在、3rd generationのiPadを使っていますが、液晶こそretina displayになっていますが、重さはと言うとベッドでネットサーフィンをやっていると段々と持っている手に重さを感じてくるのがわかります。それに比べると格段に軽くなっているのがわかりました。CPUも新しくなっていると言う事で、かなりさくさくと動きますよと説明されましたが、Macと違いiOS上であまりその違いを感じられない気がしました。おそらく、動画など再生したりするとその違いがはっきりしたのかもしれません。

ところで、私はiPhone(Softbank)の契約をしていますが、iPhone等を契約しているユーザ向けに新たにiPadを契約すると割引価格でさらにそれに合わせたネット環境も充実したプランがある事を紹介されました。この契約に乗ると当然iPadはCellularモデルでなければなりませんが、仮にWifiモデルを分割で購入した場合の手数料を考えると、このキャンペーンプランも悪くはないかなと思いました。iPhone 5を購入した時も本体は分割で支払っているので、それをiPadに適用すると言った感じだと思います。しかも、Cellularモデルならば携帯の電波が入る所であれば、外出先でWireless環境を探すと言った事をしなくても良い事になります。私の場合、このプランに加入する事で、契約回線を整理する事も可能となり、Softbankに集約する事ができます。ノートパソコンを持ち出した場合はと言うと、この場合はiPhone端末のデザリング機能を使うことで解消できます。デザリングすることでiPhone端末のバッテリーの持ちがちょっと心配ですが、便利さこの上なしと言った所でしょうか。

で、iPad Airを契約して持ち帰ってきたんですかと言う、いちばん気になる質問を浴びせられそうですが、残念ながら初回分売り切れとなっていました。次回入荷が未定で、数日のうちに入荷するか、或いは数週間先になるかはまだわかりません。

ついでに現在使っているiPad端末の買取価格をおおよそ査定してもらったところ、箱なし、付属品一部なしで2万ほどと言う事でした。

 

 

iOS 7.0にアップデート

日常使用しているiPhoneとiPadをiOS 7.0に移行しました。感想はまず、ずいぶんと見栄えが変わったと感じること。この辺は従来のような感じが好みだと言う人と好き嫌いが分かれるような気がします。取扱は極端に大きくは変わっていないにせよ、慣れないせいかちょっと違和感と言うか戸惑う感じです。しかしながら、戸惑いながらも、いろいろと触ってみたくなる気持ちにさせる所がすごい演出だといつも思います。

新しいOSだけに既存のアプリケーションが動作しなかったり、正常に動作しないなどの不具合があるようで、私も手持ちの中でいくつか該当するのがあるので、心配な方はアップデートする前に情報を確認する方が良いかもしれません。