iPhone 5使用中

予約をしてからおおよそ3週間ほどで手元に来たiPhone 5ですが、4と比べてみると通信速度に関してはLTEモードさえ維持できれば速度は結構速い・速くなったと感じる事ができます。ただ残念ながら四六時中と言う訳には行かず、時間帯やエリアなどによっても従来の3Gモードに変わったりする事もしばしばで、こうなると速度面での効果はあまりないような気がします。

画面ですが、まず4の頃に比べると大きくなり見やすくなりました。Retinaの効果も大いに影響がありますが、やはりサイズが大きくなったのは良い事だと思います。最近のスマートフォンの類はその殆どが画面サイズは大きい方向に行っているようです。外出時など街中を歩いている時にここにもiPhoneユーザーが居たとすぐにわかるのですが、まだまだ4S以前のシリーズを使っているユーザが多いような気がします。もちろん5のユーザも居るのですが、薄くて縦長のデザインですぐに見分けがつきます。

本体付属のカメラの性能はかなりよい事がわかりました。昔は携帯に付属しているカメラは殆どがおまけ程度の性能しかなかったのですが、iPhoneで言えば4以降のカメラ性能の向上は著しく、5になってからは個人的にはコンシューマーモデルのデジカメの安いモデルに比べても十分対抗できるほどの性能があると思います。iphone 5があれば旅先などのちょっとした撮影に困る事はないと感じます。

反面、困っている?事と言えば、これは新規格等を採用した工業製品全てに言える事ですが、Lightning connectorの採用により従来の充電ケーブルが使えなくなりました。最新のiPadもこのコネクターを採用しています。例えば、旅先、出張などで宿泊した場合、親切なホテルならば充電用ケーブルを用意しているのですが、私の知る限りではまだ多くのホテルが、従来のコネクターケーブルが用意されています。私の場合ではiPadが従来の充電ケーブルで問題なし。iPhone 5ならば現状では自前で充電時にはケーブルを用意しておかないと充電できないと言う事になります。iPhone等は使い方によってはその日のうちに充電が必要と言う事も大いにありそうです。ショップの人も変換コネクターや純正ケーブルの予備品を買い求める人が多く居るという現実をこぼされてました。私もその例に漏れず、早速日頃鞄に忍ばせておくケーブル類を調達しました。

上の画像がそうですが、左側が自宅で使用している変換コネクターで、これがあれば従来のケーブルが利用可能になります。右が外出用に鞄に入れてあるケーブルです。目的は同じで、ケーブルを介すか、変換コネクターで直に行くかの違いです。値段はケーブル付きの方が高いですが、わたしはコネクターは自宅で、ケーブル付きの方は鞄に入れています。コネクタだけだとなくしやすいのでそうしているだけです。

iPadの液晶フィルムを貼り直し

日頃、いろいろと大活躍のiPadですが、ついこの間秋葉原にiPhone 5の契約に出向いたついでに、自前のiPadの液晶フィルムを貼り治してもらいました。実は今までもフィルムは自分自身で購入したものを貼っていたのですが、隙間ができたりとぼこぼこで、とても見栄えが良いものではありませんでした。液晶フィルムに貼るフィルムの類は沢山の製品が販売されていますが、貼り付けるサービスを提供している所は殆ど見かけません。秋葉原のMac collectionでこのサービスをやっていたので、即、新しいフィルムを購入してお願いをしました。さすがに手慣れた人がやったので、見栄えはきれいでした。この手のサービスを提供するショップは少ないと思います。是非、今後も続けて欲しいと感じました。

iPhone 5がやってきた

首を長くと言えば少しおおげさ過ぎる表現ですが、おおよそ予約を入れてから3週ほどで入荷の知らせが来ました。仕事を終えて秋葉原に向かい契約等の手続きをしてきました。先客もいたりで、少々待たされましたが無事契約を済ませました。当初、支払いを一括にするか分割にするかで迷いました。クレジットカードで支払いをすると、分割手数料が発生しますし、現金の手持ちもあまりなかったので相談した所、分割にするのであれば16GBモデルよりも32GBの方がお得ですと言われ、なぜお得になるかは説明されたのですがよくわかりませんでした(^^;;)。要は分割で支払う料金+600円弱程度で32GBモデルにできると言うもので、端末在庫が偶然あったからできる訳で、もしなければできない事でした。結局、White 32GBとなりました。

さて、肝心な使い心地ですが、まず液晶のサイズが縦長になった所で、視野が広がったと感じました。これは大きなアドバンテージだと感じます。今まで、メールなどのやり取りでテキストを書いたり、読んだりする時もどうしても画面サイズがネックとなり使いづらい印象がありました。同時に電子配信になっている新聞などもより読みやすいと思います。読みやすい・見やすいと言うのには、多分Retinaの実力に依存している所が大きいと思いますが・・・・。LTE通信の実力ですが、接続できればそこそこ早いが、接続できなければ従来の3G回線で接続される事になるので、今後のエリア拡大に期待しないといけません。

最後に大事な事が、これは以前のエントリーでも書いた事なんですが、Lightningコネクターから従来のコネクタに変換するパーツを同時に購入しました。お店の人も言っていましたが、まだ、ホテルなどで充電する場合、Lightningコネクターに対応したケーブルを設置している所はまだ皆無に等しい状態で、出張などでホテルに滞在する場合はケーブルを持ち歩くか、変換コネクターを自宅用と職場用に準備しておくかしないといけないのが当分の悩みの種かもしれません。バッテリーの持ち具合も、以前より長くなっている事も期待したい所ですが、ビジネスで頻繁に通話する時などはさすがにチャージなしで持たせるのは厳しい所だと言う気がします。iPhone 5の写真はもうだいぶと巷に広まっているので今回はなしということで・・・・・。

iOS 6.0.1へアップデート

iPadとiPhone 4へiOS 6.0.1へのアップデート作業を行いました。アップデート作業は場合によっては時間がかかる事が多い為に、多くは週末に行う事が多いです。アップデートプログラムが起動中に、歯車がくるくる廻るアニメーションが見られ、待たされる事を強いられてしまう時間のちょっとした演出が見られます。アップデートそのものは再起動も含めても問題なければ3分ちょっとで終わるような作業です。

iPad 4が発売され、すでに私のiPadは旧モデルとなりました。しかもたった7ヶ月と言う短い間で新旧が入れ替わる形になりました。金曜の帰り際に、ビックカメラに寄った時にはiPhone 5発売の時のような人だかりはありませんでした。在庫もありだったようでしたが、私は今回はパスする事にしました。大きな特長の違いがないことや、新規格(Lightning connector)の採用、多少処理速度が早くなった、カメラの変更程度では、予算に余裕がない時には無理強いしてまで購入する必要もないと感じました。確かに食指は動きましたが、実際に考えてみると、4万以上の出費には値しないと言う感じです。

また、10月12日に予約を入れているiPhone 5ですが未だに何も音沙汰なし。この分で行けば、12月までずれ込むのではないかと思っています。16GBモデルの白を予約しているのですが、以外と流通が少ないのかもしれません。

iPad 4登場で物欲が増大

iPad for retinaを発売日当日に購入して現在Mac以上の頻度で使っています。持ち歩きは勿論、ベッドで寝転がりながらメールをチェックしたり、ニュースを見たりと、かなり出番が多くなっています。MacBookだって同じ事ができると言われそうですが、フットワークが違います。iPadは軽いですし、それほど高度な処理を望まなければ十分使いこなす事ができます。加えて、電源を入れればすぐに起動状態になるのもiOSの強みであり、Macには真似ができません。最近凝っているのが、世界のあちこちの大学で公開講座があって、かなり専門的な内容の事なども無料で自宅で学んだりできます(iTunes U)。

そんな中で、miniとiPad (4th)がリリースされました。Retina display modelが発売になってから、まだそれほど時間が経っていないと思うのですが次のモデルが・・・・。全く、この分野の進歩は早いものだとつくづく感じます。11月2日発売開始となっていまして、今、十分に手を出すべきか、スルーすべきか悩んでいます。iPad 3と4とで大きく異なる所は、まず、コネクタ形状です。4ではLightningを採用しています。うちでは、今回新たにしたiPod nanoがそのコネクタを採用しています。他にCPUがA5X(dual core 1GHz)からA6X(dual core 1.3GHz)となっています。この点がパフォーマンスにどの程度影響が出るのかがポイントになりそうです。細かい所を見て行くと、搭載カメラ(前面部)の性能がアップしているようです。値段はWiFi 16GBで言えば、全く同じ値段です。これはまた、展示品を触って判断するしかなさそうです・・・・。物欲はつきないなあ〜(^^;;)

 

iPod nanoが到着

Apple Storeの納期が2週となっていたので、未だ1週後かと思っていましたが、金曜の20時頃入荷しましたと電話があり、都内にいた事もああって閉店までに取りに行きますと言う事で急遽店に寄り、nanoを受け取って来ました。ちょうど乗換駅でコーヒーブレイクをしていたところでタイミング良く電話がありました。もし、電車に乗っていれば気付かない所でした。

パッケージは透明なアクリルケースになっていて、nano本体、ヘッドフォン、薄い簡単なマニュアルが梱包されてました。今回のnanoはより縦長になっており、私の今まで持っていたnanoはそれに比べるとむしろ正方形に近い感じです。容量は16GBで、私にとっては容量は2倍になりました。また今回のモデルからチャージ等する際のコネクタの規格が変わりました。Lightning connectorと呼称されるようですが、これはまだ新たな規格でとりわけ宿泊などを伴う長期の外出の際は注意が必要です。私の宿泊したホテルではiPhone 4、4S等は問題なくチャージできましたが、Lightning connector採用機種(iPhone 5や最新iPod nano等)はしばらくは自前でケーブル類を持参しないといけないことになりそうです。ディスプレイ表示については従来よりも格段に見やすく操作しやすくなっているようです。ただ、これは私の従来のnanoと比べてですけど(多分、第4世代かな・・)。私にとっては画面を直接タッチして操作できるようになったのは大きな進歩ですし、今回の買い替えは良かったと自分では思っています。Apple Careもいっしょに購入して万全を期しました。

 

 

ちょいと記念画像をアップします(^^)

iPod nanoの納期

ついこの前の金曜にiPod nano Blueを購入、到着を待っている状態です。今現在、Apple Store(オンライン)で見ると全ての色の納期が2週となっているようです。この納期で自分の手元に届く時期を予想してみると、大体今月末頃かなと予想しています。iPhone 5についても同様あるいは3週程度とアナウンスされてます。

手元に届くまでは楽しみですが、現物が手元に来てしまうと楽しさは半減すると言った感じでしょうか。もちろん、魅力ない製品と言っている訳ではなく、楽しみ=現物の到着を待つ+現物を操作する(使う)と言う図式かなと勝手に解釈しています。ですので、物が来れば、現物を待つと言う要素が消去されるので楽しさ半減と言う訳です。簡単に言えば、楽しみに待っている今この時間こそが一番ハッピーな時と言えるかもしれません。

iPhone 5とiPod nanoを予約

この前の金曜に秋葉原に行ったついでに、iPhone 5とiPod nanoを予約してきました。中国のiPhone 5の製造会社の問題も影響しているのか、未だにApple Storeのオンライン予約は復活していないようです。秋葉原に寄った目的と言うのが、iPhone 5のサンプルを見たかったのと、10/9発売になったiPod nanoが購入できるのかと思ったからでした。19時過ぎにMacCollectionに行った時は店内は殆ど客居らず、ゆっくりとサンプルを見て操作する事ができました。iPod nanoのサンプルも見て触る事ができましたが、残念ながら在庫がなく購入して持ち帰る事ができませんでした。

iPhone 5を予約するとどの位で手に入るのかと尋ねた所、現時点では2〜3週間程度と言うことで、ただし、モデルによっては多少差があるとの事でした。64GBモデルは結構流通があるような感じでしたが、私個人としては16GBモデル十分なので、16GBのwhiteを予約しました。12月中にでも手に入ればいいですと言うと、そんなにはかかりませんと言われました(^^;;)。まあ、気長に待つ事にしましょう・・。もう一方のnanoの方ですが、Blueを予約しました。サンプルを見た感じではメタリックが強い印象を受けました。nanoの方は予約と言うよりも、支払いを金曜の時点で済ませているので入荷次第自宅に発送と言う形になります。もちろん、AppleCareもいっしょに購入しました。

手元に届き次第、続きをリポートすることにします。さて、いつ届く事やら・・・?

iPadで地デジを視聴する

今までMac Proでテレビを視聴するにはピクセラのTVチューナー製品を使い、外部ディスプレイに画像を表示させてきましたが、OSをバージョンアップするに従って、アナログ出力にも対応しなくなり今では殆どテレビ放送をMac Pro上では見なくなりました。とは言え、フレッツテレビの契約もあり、何とかならないかと思案していました。解決策として、Windows対応の製品を購入してLet’ Noteで視聴するやり方と、(もちろん、BootCampを使えばMac Pro上でも視聴は可能ですが、他の作業をやりながらの流れ視聴?は難しい)今回、採用したiPad上で地デジ放送を見るやり方の2通りになりました。金額的に見れば、Windows製品(USB 2.0接続でLet’s Noteとつなぐ)の方が安いことがわかりました。8000円弱の投資で実現可能。

しかしながら、iPadで視聴する方がRetina Displayと言う事もあり綺麗ではないかと感じ導入しました。投資額はSoftBank TVチューナーが、13800円(2000円のディスカウントあり)、それと、iPadの延長ケーブル(2580円)の2点でした。実際放送を視聴してみると、綺麗に見れる事がわかり、サイズさえ気にしなければ十分行ける事がわかりました。この製品、SoftBankとありますが、ハードウエアはピクセラが担当しているようです。ベッドの上で寝ながらも見れますし、机の上に置きながらも視聴できるのである意味軽快な使い方が出来るようになりました。家中何処でも見る事ができる訳で、そう言う意味では利便性が向上しました。今まで以上にiPadの出番が増える事になりました。Mac以上と言っても過言ではないように・・・・・。

今回、購入した製品の画像を載せておきます。地上デジタル、BS、CSにも対応しています。特に新製品と言う訳ではなさそうですが、iPhone 4を使っているSB(SoftBank)ユーザでありながら、この製品は店頭で確認するまで知りませんでした。

iPod関連の品が購入可能に

今晩、Apple Online Storeのページを見ると、今回リリースされた新型iPodが購入できるようになっていました。待ち遠しかった人にとって見れば、ナイスな出来事と言えるでしょう。ただ、出荷時期が10月と明記されているだけで、具体的に明日とか、24時間以内と言った明記の仕方ではありませんので、今晩仮に”クリック”して購入したとしても、近日中に届くと言う確証はないかもしれません。

以前のエントリーで私も購入すると言う事を伝えましたが、私はとりあえず、オンラインでなく、店舗の方でサンプルを確認した上で購入しようかと思っています。これで、とりあえずは銀座の店舗に足を運ぶ理由ができたような気がします。ただ、iPhone 5の方ですが、まだ現段階ではオンライン予約の方を再開している様子がないようなので、品不足は相変わらずなのかもしれません。