iTunes storeで映画を見る

ここ最近、週末に出かけける必要のない時や、天気が悪い時など、iTunes経由で映画を見る機会が増えてきました。アカウントに金額をチャージしておくだけで簡単に見る事ができますから便利です。一番のメリットと言うのはやはり昔のようにDVD等をレンタルして返却すると言う事がない事でしょうね。過去には私も金曜に駅側のレンタルショップで作品をレンタルして、日曜には返却すると言う感じで借りていました。でも当時はそれでも、購入するよりは安く見る事ができるレンタルは結構流行っていました。ただ、新作となれば、その殆どが既に借りられていて戻ってくるまでは借りれないと言う落ちがありました。それに、レンタルショップでの最新作と言っても、世間一般で言う新作よりはかなり遅れている訳で、人より早く新作を楽しみたければ、やはり新作DVDを購入するとか、映画館に行くとかしなければなりません。この状況はおそらく今でもあまり変わっていないだろうと思います。

昔、見れなかった作品が家で見る事ができると言うのは、便利になったと思います。ただ、作品の数はまだまだ多いとは言えないと思います。今後、より充実することに期待しようと思います。

新型MacBookがリリース

今朝、AppleのHPをチェックすると新型MacBookが登場していました。今回のモデルの特長と言うと現行iPadにも採用されたRetinaディスプレイモデルが登場した事でしょう。13インチモデルには設定はなく、15インチモデルにのみに採用されているようですが、でもこれでMacのラップトップモデルであるMacBookで選択肢の1つに盛り込まれた事は大きいと思います。私がiPadを購入した時、当初はiPad2を購入する予定で秋葉原に足を運んだのですが、現行iPadのディスプレイを見てすぐに現行のiPadに変更した経緯があります。それだけ、Retinaはきれいで鮮明だと言えます。予算に余裕があるとするなら、選んで損はないと思います。従来あった17インチモデルは登場せず、またラインナップから姿を消しています。人気がイマイチだったのかもしれません。少なくとも日本においては17インチでは持ち運びには向かず、自宅などで使うとすれば、17インチのMacBook Proなら、iMacを買うと言う流れかなと、これはあくまでも推察ですけど。

MacBook Airもニューモデルが発売になり、これで私のAirも1世代前の旧モデルになりました。今回のモデルから、電源ポートがMagsafe 2となって従来の電源ケーブルではダメっぽい感じですね。コネクタ形状が写真から見ても違っているのがわかります。グラフィック性能とフラッシュストレージへのアクセススピードも向上しているようですね。これから、購入するユーザにとっては魅力の一品かも。

あとはMacProが密かにアップグレードされてます。プロユースと言う事であまり新しい特長はないにせよ、CPUが更新されパワーアップされたのは嬉しいです。一時は、もう今後は新製品はでないと言う噂まであり、先行きが心配されていただけに、ほっとしました。ただ、私もMacProを所有していますが、買い替えは未だ先です。

AirPort (AirMac) Expressのニューモデルも出てるようですし、来月(7月)にはいよいよMountain Lionが発売になるアナウンスもあったようです。身近なところでは来月リリース予定のMountain Lionでしょうかね。今から、待ち遠しいです・・・・。

MacPro用モニタの背景を新たにしました

どうでも良い話ですが、長年、夜の落雷のシーンを撮った写真を使ってきましたが、今回、宇宙から見た地球の写真に変更しました。神秘的と言えば、どちらも神秘的なんですが、宇宙区間から見た、地球なんて何だかちょっと、ユーリイ・ガガーリンも当時同じ光景を見たのかなと、ふと、思ってしまいます。私が見ても、地球は青いです・・・・・(笑)