お盆は親戚の墓参りに

8月14日の金曜はあらかじめ夏期休暇を取っていたのですが、日曜が短時間ながらも出勤となったこともあり、急遽8月15日の墓参りを1日前倒しして、金曜に墓参りをしてきました。親せきの墓は杉並の永福にある築地本願寺和田堀霊廟で、年に1回この時期にお参りをすることになっています。

お盆の時期車での移動はどのくらい時間がかかるのかわからなかったのですが、首都高も都内も別段渋滞はなく、今回、山手トンネルを経由して行った結果大分早く到着することができました。目的地には午後一に到着しました。私の父は生前、墓参りは午前中に行くものと言っていましたが、私が車を出すようになってからは完全に午後になってしまうようになりました。

日中の日差しは最近の強烈なものに比べれば少々和らいだ感じでしたが、それでも汗は出てきて下着は汗で濡れてしまうほどでした。墓参りが終わり自宅に戻り、親せきと話し込んで深夜になりましたが、普段であればなかなか時間がないこともあり、有意義な時間となりました。家の片づけは大変でしたが、前日残った食材がすべて消費できたことで母は大喜びでした・・・。

カテゴリー: 一般 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA