M1 Mac miniセットアップ

1週間程、箱の中でお休みを頂いて、いよいよ金曜の深夜からセットアップを開始しました。MacProからケーブル類を外して、Mac miniに移設しました。イメージは割とすんなり進むと思っていましたが、ケーブルの自由度があまりなくて、試行錯誤した挙句、後ろ向きに置くことにしました。今後、もっと良い置き方はないか思案することにします。

ただ、今度のMac miniは電源ボタンが後ろにあるので、電源を入れる際には後ろ向きの方が便利な感じです。移行アシスタントを使ってセットアップして行ったのですが、移行元のHDDを間違えて選択してしまい、2代ほど前の古いシステム環境が移行されてしまうミスがありました。普通なら、一度初期化をして入れ直せば良いと思うところですが、M1 Mac miniの事前調査では、Intel Macと同様な方法で初期化してしまうと起動できず場合によっては修理になるとあったので、石橋を叩く意味もあって、AppleCareに連絡を入れて手順を教えてもらいながら、無事移行作業を済ませました。

ただ、移行作業ですんなり行くアプリと、再度セットアップが必要なアプリもあったりと、まだ100%コンプリートとは言えません。他にはIntel chipから、Apple Siliconになり動作しないアプリも出てきました。この辺りはもう削除するしかありません。Windowsエミュレーター関連は、ほぼ全滅でXP環境を再現できていたMacPro(2013)とは異なり、XPに付属していた3D Pinbowlもできなくなりました。

噂通り、M1 Mac mini静かです。ファンが回ると言っても、MacProみたいにブウォーンといった感じでなく回っているかなという感じ。むしろ隣にあるHDDケースの方がうるさく感じます。まだ、セットアップも道半ば?的なところもあるので、今後いろいろと試してみたいと思います

とりあえず来週は、MacProの下取り準備をしないとなりません。

M1 Mac miniが届いた

AppleStoreでオーダーを入れていたMac miniが早々に届きました。

WWDC 2022でmacOS Venturaが発表され、リリース時期が今年の秋と言われています。目下の所、メインマシンはMacPro (2013)を使っていますが、残念ながら新OSには対応しません。現行のMacProも3年ほど前にやはりOSの対応がネックとなって整備済製品を購入した経緯があります。正直な所、まだまだMacProが使える気がしますし、秋口にリリースされるのであれば、あえて今のタイミングではなく、macOS Venturaがリリース間近になってからでも遅くはないと感じました。しかし、円安や様々な物価高で今後が少々見通せない時期にあって早めに決断しておこうと思い立ったのでした。

まとまった予算が捻出できればよかったのですが、まだ6月のこの時期にはちょっと無理があったので、Paidy Apple専用プラン24回払い(金利0円)で払うことにしました。支払いを決定する前に、もっと短い回数で支払いはできないのかと聞いた所、このプランは24回払いが固定されており変更はできないとの事。この辺はiPhoneを購入する際に一括払いか、2年(24回払い)かとよく似ている気がします。

ところで、Mac miniを6月13日にオーダーを入れたのですが、半導体不足や上海あたりのロックダウンの影響もあって到着も遅れるだろうと見込んでいました。参考までにカスタマイズした内容は、M1 Mac mini 16GBユニファイドメモリ、1TB SSDでした。よく言われるのはデフォルトモデル(8GB ユニファイドメモリ、256GB SSD)だと国内在庫が潤沢だと最短で購入できると聞きます。今回は、例に漏れず、カスタマイズモデルでしたので、上海からの国際宅急便での配送でした。当初は6月23日到着となっていたのですが、今日届きました。予定より3日ほど早いことになります。

今思えば、Mac StudioをMac miniはどちらにしようかと悩みましたが、Mac miniで正解だった気がしました。予算もさることながら、納期もカスタマイズするとMac Studioは納期が7月14日〜となっていますので、まだ待たされていることになったと思います。

さて、早々到着したのは良いのですが、今日から色々とセットアップを始めるとエンドレスになりかねないので、はやる気持ちを抑えて次の週末にでもセットアップ作業をしようと思います。なので、M1 Mac miniにはあと1週間ほど箱の中でお休みいただく事にします
今日の所はこの辺で

ホームベーカリーを使ったパン作り

ホームベーカリーを買ってからしばらく放置状態になっていましたが、いよいよパン作りに挑戦しました。レシピに目を通しながら、足らない材料をピックアップして金曜の午後に近所のデパートまで買いに出かけました。

今回はテストも含めているので、材料を変更したりとか言うことは無しにレシピ内容を忠実に再現してみることにしました。準備した材料は、

    ①強力粉
    ②砂糖
    ③塩
    ④スキムミルク
    ⑤ドライイースト
    ⑥水

それぞれ材料を秤で秤量して、ホームベーカリーの容器に入れていきます。ここで失敗したのが、秤の電池が液漏れを起こしており、電強部分が錆びて使えませんでした。そこで、急遽、自分用に以前購入しておいた秤を出して事なきを得ました。しばらく使わない場合は電池を抜いておかないとダメですね。

水から順に入れていき、最後にドライイーストを加えました。実は今回使用したドライイーストは冷蔵庫に保管してあった古いものでした。ただ、量的な十分な量があったので、今回は買わずに済ませました。
いよいよ、スイッチをONにして時間を見るとおおよそ4時間以上かかることがわかりました。これだと、土曜の朝に食べようとすると、当日の朝準備していたのでは到底間に合わないことになります。という事は金曜の寝しなに仕掛けておけば、土曜の朝には美味しいパンにありつけるという事になりますね。

さて肝心な今回の出来栄えは、

ホームベーカリーから取り出す前ですが、膨らみが足りない感じです。イーストが古かったことが原因かも。次回の改善点です。

KODAK Digital Still Camera

お皿に出した所。膨らみが足りず、パン屋の出来立てという訳にはいきませんでした。それでも、食べてみるとやはり出来立ては美味しく、これなら素人でも焼きたてのパンが楽しめそうです。

KODAK Digital Still Camera

WWDC 2022での影響

ついこの間開催されたWWDC 2022でいくつかの発表がありました。Mac関連の新モデルや新しいOSの事など・・・。
新しいOSがリリースされる記事があると、楽しさあり、また反面、残念とも言える事もあります。こんなことを言っていると、オタクだねえと言われてしまいそうですが・・・・。

今回、大ざっぱに整理すると以下の発表がありました

❶iOS 16
❷Watch OS9
❸M2チップを採用した新モデル
❹macOS Ventura

まず、iOS 16については対応モデルが絞られて、iPhone 8以降となりました。私のiPhoneが8 plusなので、近い将来買い替えを考えないといけない時期になってきました。時期的には今年の年末辺りでしょうか。

Watch OS9についでは、今、使っているAppleWatchがシリーズ7なので、特に問題はなし。

M2チップを採用したモデルは、まずMacBook Airと13インチのMacBook Pro。私はすでにM1 MacBook Airを持っています。気になる人はすぐにM2 Airに移行しようと思う人も居るかとは思いますが、私個人としては現行のままで行きます。と言うのも、現状、特に遅いとか、困っている事などはなく、macOS Venturaにも対応予定で心配なしと言った所です。しかも、M2チップモデルの色には、ゴールドの設定がありませんでした(^^;;)。

macOS Venturaについて

実は今回、ここが一番問題ありの所でした。目下メインマシンであるMacPro(2013)が対象機種から外れてしまいました。リリースされてから、10年以上経過しているので当たり前と言えばそれまでなんですが、このモデルは2019まで販売されていたので、意外だったという意見もあったようです。私のMacProも2019年に整備済み製品で購入したのでした。購入のきっけかは、正にmacOSのアップグレードによる先代のMacPro(2010)が対象から外れた事にありました。しかも、AppleCareが切れたのも、ついこの前の金曜でした・・・・。

現時点で買い替えを考えると、すでにモニターやキーボードなどはあるので、Mac mini,Mac studio,MacProの3機種になりますが、MacProについては価格的に言ってまず論外。しかも、Appleは今後CPUは自社製に移行すると言っていますので、敢えて買う必要性はありません。悩ましいのがMac miniと最近出たMac Studio です。どちらも小型になって、省スペースです。
CPUもM1とM1 MaxおよびM1 Ultraと違いがあり、パフォーマンスだけ考えればStudioになりますが、金額的にはどうしても高額になります。YouTubeや各コラム記事などを参考にすると、M1チップでも十分なパフォーマンスを感じるとあるので、ここはMac miniに落ち着きそうです。それ以外にも、このご時世で円安傾向、戦争による物価上昇を考えれば少しでも出費は抑えたい所です。

実はすでに見積もりを作ってもらいました。M1 Mac miniで、メモリーは最大16GBでストレージは1TBでカスタマイズしてもらいました。と言うのも、MacProとは違い、ユーザー自身での増設等はできない作りになっています。なので最初からカスタマイズしてもらいました。現行のメインマシンであるMacPro(2013)ですが、Intelー>M1と言う事でできれば保管しておくほうが無難かと思う所ですが、今回は下取りに出す予定です。 Apple trade inによれば、35000円となりました。
ゴミ箱型MacProですが、3年間の活躍でした。

枇杷ジャムを作りました

ちょっとした経緯で枇杷の実をたくさん手に入れることができました。そのまま食べてももちろん良いのですが、今回はジャムにしてみる事にしました。金曜の夕食後にまず実の皮を剥いて、中の種を取り除きました。言葉で書くには簡単なんですが、作業は母と分担をして行いました。

ボウルいっぱいになった実は一旦水洗いをして、塩水につけました。塩水に漬けるわけは何でも色変わりしないからとか。この辺りはネット検索で見つけた枇杷ジャム作りのレシピを参考にしました。

結局、枇杷の実の総量は1.7kgになりました。次の大鍋を用意して枇杷の実を入れて、砂糖を添加するのですが、レシピには甘味が足りなければ、枇杷の実の量の30%程の砂糖を加えるとなっていたので、砂糖510gを入れて弱火で煮込み始め、実を潰しながらグルグルとかき混ぜてひたすら煮込みました。

ふと、煮込みながら思ったのはジャム作りだから、ホームベーカリーでできたのではないかとと言うこと。ただ、メニューには枇杷ジャムはなくて、一般的なオレンジやストロベリーのサンプルしかありませんでした。枇杷ジャムはあまり一般的ではないのかも。それと、今回の様な大容量にはやはり大鍋で作る方が一気に作るれるので便利かもしれません。

今回のジャムを瓶詰めにしました。4つほどになりましたが、皮剥きと種取りの作業を考えればしばらくは良いかなと思います。またまた、バター作りは先伸びと相成りました。

週末はバターについて調べてみる

金曜の帰りに職場近くのイオンで、ホイップクリームを購入した。実は先々週にセブンイレブンで購入していたのだが、こちらは植物性と記されていてひょっとするとうまくいかないかもしれないと言うことで再度購入し直した訳です。
バターについては実は知っているつもりで、意外に知らなかったこともあったりする。”作る事”と言う作業自体は難しくないかも知れないけれど、それではなぜ植物性ではだめなのかと言う理由を探るには調べるしかない。

今の時代はネット検索で何でも調べられるので便利です。Wikipediaで調べると、色々と知らなかった事がわかったり、また歴史的な事もわかり面白い。同じWikipediaでも日本語よりも英語の方が内容が充実していたりと、調べると奥深いこともわかりました。

という訳で、週末は原材料?は買い揃えたものの、作るまでは至らず、色々と調べてみているところです。まあ、早くやってみたいところですが、母が興味を示してくれる事が重要なポイントなので、タイミングを見ながらトライしたいと思います。

暑い週末

週末の天気は暑くなると予報で言っていました。土日と良い天気に恵まれ、金曜の午前中の大雨に比べれば雲泥の差でしたが、一気に気温も上昇で30℃近くあったようでした。体が暑さに慣れていない事もあり、日中の外出はしませんでした。ここ最近は単独の外出と言うのはほとんどありません。若い頃は友人と会ったり、電車で秋葉原や神保町辺りに出かけたりしていましたが最近はそれもなしです。

もちろんコロナと言う事もありますが、年齢的な事もあるような気がします。大学時代の友人とも久しく会っておらず、電話でのやり取り等が主流で、もう少し気候が良くなったら会おうと言っておきながら中々実現できていません。土日の殆どは家で過ごして、親戚の集まりなどがある時には出かけると言う感じがここ最近ずっと続いています。

大学時代にはいろいろな付き合いがありましたが、今では大学時代の親友と言えば1人だけ、同窓会等に出かけていればそれなりにつながりが持てたのかも知れませんが、面倒な事は嫌いな事もあってそれもしていません。その親友も未だ独身(笑)、糖尿繋がり?や出生地も同じという事もあって連絡を取り合っています。おそらく、定年後の事など、これからも付き合いは続くだろうな。

ところで、母の日の為に購入したホームベーカリーですが、母がむずかしいのはちょっとと言って中々重い腰を上げてもらえないので、私が次回、バター作りに挑戦してみることにします。実は金曜の夜にコンビニでホイップクリームだけ買っておいたのですが、暑さもあって気力がなく次週に持ち越しにしました。セブンイレブンにあったホイップクリームは植物性と記されてあり、果たして上手くバターが出来上がるのかは作ってみてのお楽しみと言うことで(^^)。

母の日プレゼント

かつては母の日や父の日がある事は知っていましたが、実際にプレゼントを贈った事はありませんでした。親とはどちらかと言えば子供の頃から頻繁に喧嘩をしたりして、親からしてみれば、何という子供だと思われていたと想像しています。そんな父も数年前に他界し、残るは母のみとなりました。いい加減子供みたいに言い争うような年頃でもなく、どちらかと言えば健康面等の心配を考える事もしばしば。

そう言えば母の日だなと思ったのは、母と近所のイオンに買い物に出かけた時の事でした。何か贈るとしても何がいいだろう、定番はカーネーションとかの花を贈る?(でもちょっと照れ臭いな)、近ごろ包丁の切れ味が悪いと言っていたので新しい包丁が良いか・・・。ずっと考えていましたが、ジャストシステムの案内メールで、ホームベーカーリーの紹介がありました。新品であるものの、箱壊れ品と言う事で定価よりも大分安く手に入れる事ができました。

買ったのは siroca SHB-722と言う製品です。シロカと言うメーカーを今まで全然知りませんでした。どちらかと言うと、Philipsのノンフライヤーとかは近所のノジマにディスプレイがあって興味がありましたが、母に場所を取るからという理由で却下されました

今回も場所的には炊飯器並みの大きさなので嫌な顔されるかなと不安がありました。タイミング良く母がジャムを作ったのですが、これが固まってしまって失敗!
実はこのホームベーカリーはパンを焼く以外にも、チーズ作り、フレッシュバター作り、蕎麦作り、ジャムも作れる。そこで母に是非今度はこれで作ってみてとアドバイスをしました。自分でも材料さえ入手すれば、パンやバターもできるので週末の楽しみも増えそうです。
ともかく、母が気に入って使ってくれることを希望します(^^)

週末は親戚宅に滞在

毎年5月の連休か連休明けに親戚宅に滞在する事が多い。親戚一同(ちょっとそこまでは行かない)が集まるし、玉葱の収穫の時期でもある。今回はすでに収穫の後でした。亡き父の姉も来ており、金曜の仕事の後に直接向かう事に・・・・
同じ千葉県内なのだが、千葉市内と親戚宅のある外房ではちょっと距離があり、当日はあいにくの雨模様で、車の運転もちょっと神経を使った。無事到着し、親戚と話しを交わし、金曜の夜は早めに就寝する事に・・・。

翌日も朝から雨模様で、これだと散歩したり畑の散策もできないと少々気が落ち込んでいたが、昼近くになると雨も止み出して、まず墓参りを行い、その後、近くのレストランへ。ここの店、結構繁盛しているようで遠方からも客が来るとの事。豚カツ定食を注文したが、これもかなりのボリュームで味もかなり美味しい。親戚と店長?社長?と顔見知りで、6人で訪問して大きな皿で鳥の唐揚げをプレゼント(飲み屋で言うお通し?)してくれた。これもまた有名で美味しかった(味的には豚カツより唐揚げにすれば良かったと思った)。

お腹が十分満たせてから、いつものバラ園へ。毎回、この時期に薔薇を観賞させていただいているのですが、今回はあいにくいつも居られる方が不在で説明を聞く事ができませんでした・・・。
ちょっと、バラの花の写真を撮ってきました、詳しいお話を聞けなかったので品種はよくわかりませんが、自前のiPhone 8 plusで撮影してきました。

土曜の夜遅くに、玉葱、蕗、エシャレット、ソラマメ等を車に積んで帰宅。途中、母の姉宅に寄ってから無事家に着きました、アクアラインの渋滞もなくて実にスムーズに走ってくる事ができました。でも、体はちょっと疲れました(^^;;)。昔はこの程度は何でもなかったけど、やっぱり歳を取ったと言う事かなあ・・・・

Braun 目覚まし時計

いつもは朝の目覚ましに使用しているのはBoseのオーディオシステムで時間になるとラジオ放送が流れてくるようにしています。実際自宅に居る時はラジオを聴く際にはインターネットラジオを聴いてしまう事が多くて、あまり役立っていません。それでも捨てるには惜しいので、CD等で音楽を聴く時には是非有効活用したいと思っている所です。

今、BOSEのオーディオシステムが机の上にあって、プリンターの前に陣取っています。以前のエントリーでも記したのですがCanon G6030は普通用紙の印刷は前面給紙なのですが、その他の写真用紙、封筒の類いは背面給紙になっています。今の配置のままでは写真印刷ができないのでそれを解消すべく、まず、BOSEオーディオシステムを別の所に移動する事を考えています。

そうなると、目覚ましをどうするか、深夜の時刻確認等を考える必要があります。そこで、Braunの時計を買いました。最近Braun製品では電子式体温計を買った経緯があります。以前アナログタイプの時計を持っていましたが、壊れて処分しました。
Braunのアナログ式と迷ったのですが、今回は初めてデジタル式にしました。デジタル式でもいくつか種類がある中で標準電波を受信して時刻を自動修正してくれるタイプにしました。6600円とちょっと高めでしたが、旅行時にも持参できる小型のものでした。思ったより小型でびっくり・・・・。amazonの並行輸入品で購入しまして、レビューの中には夜間に時計の表示が見えないとか、落下したらアラームが鳴らず壊れたと言ったものがありました。時計の文字盤ですが電池式の場合、常時時刻表示が明るくなっているわけではなく、これは国産のものでも夜間は液晶部分の表示は見えないと感じます。一時的に明かりを灯して表示部分を確認する感じですね。

今のところ、標準電波も問題なく受信できているようで時刻も正常です。そう言えば、レビューの中で標準電波が受信できず返品したと言うのがありました。マニュアルには、本体背面の電池ボックス内に電波受信モードの変更スイッチがあり、OFF-US-GER-UK-JPとありました。デフォルトではOFFになっており、このままでは受信できるわけないので、日本であればJPにする必要があります。マニュアルには日本語がなかったので、おそらくこのようなトラブル?もありなのかなと思いました。

以下が本体一式になります。
時計本体(いやあ小さい)、電池(単4 1本)、マニュアル(日本語なし)