緊急事態宣言が出て

2度目の緊急事態宣言が出ました。コロナ騒ぎが始まってから同僚や友人達と飲んだりする機会がなくなりました。食事程度であれば、2人程度で行く事はあってもそれ以上ではありません。自営業の方は売り上げに影響する事もあって正に死活問題になっています。私の友人でも個人事業主でがんばってやっている方も居ますが、やはり影響は深刻だと言っていました。

いったい何時収束するのか予測できない、未来がわからないと言う事はある意味恐ろしい事だと感じます。考えたくはありませんが、この様な状況が今年収束するかもしれませんし、今後10年継続するかもしれません。こんな世の中になるとは誰も予想できませんでした。ただ、嫌な事だけど受け入れて行かなければなりません。ライフスタイルも随分と変わってしまい、マイナス面だけが強調されている世の中ですが、個人的にはプラスになった事もあります。それは在宅時間が増えた事です。在宅と言うと何か仕事をしていないと思われがちな事もあります。私の母も明日は”在宅”と言っても、明日は休みなの?と言うし、会社に出かけて仕事をしないと仕事ではないと言うイメージが未だに強いですね。在宅・テレワークと言うのも、ネットが普及してからの事ですから、自宅で仕事と言っても何かお店でもやっているの?とイメージされても仕方ない事かも知れません。

テレワークの良い所は、通勤のストレスがない、余計な雑務がなく、自分のペースでできることでしょうか。もちろん、これには個人的に合う・合わないがありますが。

後、車で通勤するようになり、運動不足に陥っているのはマイナス、自分の車でも完全に通勤車となって走行距離が著しく増えているのもマイナス?。ただ、車からすれば、毎日のように乗ってもらえる事は良い事かも・・・・。車庫に動かずにいる時間の方が遥かに長いと言うのでは車に取って見れば可哀想と言えますね・・・・。

カテゴリー: 一般 | コメントする

先代Macbook Airを同僚に安く譲ることにしたけど・・・

今回M1 Macbook airを購入した事で、今まで使用してきた先代のAirを同僚に安く譲る事にしました。Early2014モデルなので最新のBig Surにも対応しており、買った当初は128GBのSSD内蔵ですぐに限界に達したため、その後1GBのSSDにアップしました。

譲る前にSSDの中身をフォーマットして工場出荷状態にしておこうと作業を始めて、トラブルに気付きました。内蔵SSDを選択してフォーマットしようとしたのですが、なぜかできない・・・・。購入時に付いていたSSDをケースに入れてAirに接続して、起動ディスクを変更しようとしてもできない。iPadで初期化方法を調べながら作業をして、電源投入後すぐに⌘+Rキーを押すと、そこで工場出荷状態にできる、いわゆるフォーマットメニューが出てくる事になっていますが、そこに出てくるのは鍵マークとパスワード入力画面。どうやら、いつかのタイミングでFirmware passwordを設定してしまったようで、それが思い出せない・・・。これが、通常よくあるパスワードリセット的な解決法ではダメで、Genius Barに相談か、Apple正規ディーラーへと言うことでユーザーでは簡単にリセットができないようです。YouTubeで強引な解決法が紹介されているのですが、工具や勇気がないとできません(笑)。リスクを考えれば避けたいところです。失敗して壊してしまうと、譲る事もはてまた売る事もできなくなります。

有償(11000円+送料)でリセット作業をやってくれる所もある様で、最終手段としてはここを頼るしか手はないかもしれません。

 

 

カテゴリー: Macなお話 | 2件のコメント

M1 Macbook airを開封

年末年始の時間でM1 Macbook airをいよいよパッケージを開封しました。運搬用の外箱は俗に言う茶箱で、それを開けると中から真っ白のApple製品の梱包されている箱が出てきました。さらにその箱を開けると、いよいよMacbook airの本体が見えてきます。今回は色にはこだわってゴールドをチョイスしました。iPadではゴールドを購入した事がありましたが、Mac本体では今回が初めてになります。

今回、購入と同時にUSB-C接続用のhubを1台購入しておきました。事前の下調べでM1 MacBook Airには二つのThanderbolt 3ポートしかなく、しかもそのうちの1つは給電ケーブルを接続すると塞がってしまうので、どうしてもhubが必要になると思ったからでした。

本体を開いて無事起動する事ができました。Youtube等の情報通りに動作は素早いと言う表現が合うような感じです。今まで使用していたAirからシステム環境を移行するに当たって、事前に外付けにSSD(2.5インチタイプ)を使用してTime Machineでバックアップを取りそれを元に環境をM1 Macbook airに移行しました。今まではシステム環境の移行は結構な長い時間がかかっていましたが、環境移行もすんなりと済んでしまいました。

いやいや、自宅の主力マシンのMacPro(2013)よりも断然早いです。しかも静かで熱くない・・・・。この辺は作業内容にもよりますが、少なくとも一般的な使い方であれば・・。
それでは問題点はなしかと言えばありますねえ。Windows環境をエミュレートするアプリはダメなようです。これは事前にもわかっていた情報でしたが、Parallelesは正式に対応していないです。個人的にはCrossoverもライセンスを持っているので、こちらを使うと問題はありませんが、すべてのWindowsアプリは動作はしません。

KODAK Digital Still Camera

こちらは、運搬用外箱(茶箱)でこの状態で届きました

KODAK Digital Still Camera

本体が入っている中箱(上の茶箱を開けると出てくる)

KODAK Digital Still Camera

中箱を開けたところ。本体のAppleマークが拝める

KODAK Digital Still Camera

本体を取り出すと、その下から給電ケーブルとACアダプター

今日のところはここまで(^^)/

 

カテゴリー: Macなお話 | 2件のコメント

2021年を迎えて

皆様、今年もよろしくお願いいたします。

コロナの影響もあって普段とは違う年末年始となっています。遠出はなしで、大晦日に近所のイオンに買い物に出かけ、食材を仕入れてきました。仕入れるとは言っても、普段は母と二人だけでなのでそうそう大量の買い物はありませんが、元旦は親戚家族(と言ってもこちらも二人だけ)が訪ねてくるそうで、母はその準備に忙しいようです。私はお節は好きではないので、多分、雑煮と数の子と肉があればOKです・・・・

昨晩は普段であれば結構外を歩く人の声が聞こえてくる事があるのですが、それもなく静かな大晦日だったようです。静かな年越しも悪くはないと思いますが、旅館・ホテル業や自営の方達は大変だったろうなと感じます。昨年は忘年会もなく、納会等もなし。コロナの影響で多くのイベントも中止でした。

未来を予測する事はできませんが、2021年もどうなるのかと思ってしまいます

良い年になる事を祈ります

カテゴリー: 一般 | 2件のコメント

M1 Macbook Airが到着

本日、M1 Macbook Airが到着しました。当初は今月29日の到着予定でしたが2日ほど早まった到着でした。2〜3日の間トラッキング情報が深圳で荷物を受付から更新されずに心配でしたが一気に状況が変わりました。もうすぐ年末年始休暇に入る訳ですが、今日の段階ではパッキングを開けるのはなしと言う事で、明日の年末最後の業務を終えて家に戻ってきてから、開封の儀式を行いたいと思います。

中身の確認や起動動作チェックに始まり、システム環境の移行作業を含めるとまだ時間がかかると思います。詳しいリポートはまた後日と言う事で。これで年末年始のおもちゃが手に入りました。今からどんな感じなのか楽しみです・・・・・

カテゴリー: Macなお話 | 2件のコメント

古いアプリの処分

最近はネット上でアプリもダウンロードするのが主流で、CD等のメディアで保管するケースはあまりないと言えます。しかし、古いMacやPCを持っていると古いアプリ用のメディアが度々必要となる時があります。そんな状況でも今回は有る程度のアプリを処分しました。

週末の時間を使って収納ケースに保管していた古いアプリを処分しました(←いよいよと言うよりかはようやくと言った感じか)。基本はフロッピー媒体は処分の対象から除外しました。と言うのもPowerBook G3(初代)とかでしか実行できないアプリもあって、処分すると二度と入手できなくなる可能性もあるかと思ったからでした。

処分したのはTechTools Proの古いバージョンやら、Toastの古いバージョンを思い切って処分。誰だかの言い伝え(そんな大げさな事でもない)によれば、取って置いても数年使わなければ、その後使う事はないと言う物。確かに仰せの通りで、収納ケースに入ったままで取り出される事はありませんでした。メディアをコピーしたり、音楽CD、動画DVDを焼いたりするのも古いMacでやる事は基本なくて、新しいMacを使う事がほとんどですね。

それ以外にはDreamweaverの古いバージョンも処分しました。こちらも、今ではAdobeに月額使用料を払えば大半のアプリを使用する事ができます。メディアで保管と言うやり方でなく、必要な時にAdobeのサーバーにアクセスして使うと言う事で最新版のアプリを使う事ができます。Microsoftも同様ですね。以前は高額だったアプリを入手するのに苦労したりしましたが、随分と変わったものだと思います。

唯一失敗したのは新規に購入した収納ケースで、横から中身をとり出せると思っていましたができない事が判明。でも、3つで3000円ちょっとだったので吉とする事にしました。

カテゴリー: Macなお話, Windowsのお話 | 2件のコメント

Macbook Airが出荷された

今日、SMSでAppleより製品が出荷されたとメッセージをもらいました。当初の予定だと12/29到着予定でしたが、メールから詳細情報を検索して見ると2日程早まっているようです。到着予定はほぼ正確と思いますが、未だ何せ物は海外にあるので国際貨物が遅れると影響はもろに出そうです。
12/27と言う事は日曜日で、御用納めの前日と言う事になります。期待して待つ事にします。この調子だとほぼ間違いなく年内には手に入れられそうです。

カテゴリー: Macなお話 | コメントする

AppleWatch使って見て

AppleWatch Series 6が出て奮発して購入しまして今に至ります。平日仕事に行く時は毎日腕にはめて行っています。購入後のレヴューをしていなかった様な気がするのでちょっとばかり書いておこうと思います。Series 6の出来栄えは良くて、日頃の運動状態や眠りの深さ、心拍数等をその場で測定する事ができて非常に便利です。個人的に一番便利だと感じる事は、iPhoneにメールやメッセージ、電話の着信などがあると近くにあればちゃんと知らせてくれる事です。iPhoneだと、自分の目の届く範囲にないと着信などがあった場合わからない事が多いですが、AppleWatchをしているとBluetoothの届く範囲内であれば即座に知らせてくれたり、電話着信もバイブレーション機能でわかるので良いですね。

それでは、日頃ずっとAppleWatchをしているかと言うとそうではありません。主に平日で週末や家に居る時などは外している事が多いです。それじゃ、全然便利な機能を使いこなせていないのでは?と言う疑問が湧いてきます。正にその通りですが理由があります。
実は予想していなかった事ですが、AppleWatchの裏側はセンサーがあって腕に装着している時にセンサーが働く訳ですが、そこが樹脂製のカバーのような物で覆われていますが、長時間うでに装着する事でかぶれて皮膚が赤くなってしまうのです。アレルギー反応の一種と思われます。1日しているだけでもそのような感じになるので、夜間は外しています。

かつてはCASIOのアナログ時計をしていましたが、この時は裏は金属製で問題はありませんでした。本来はずっと腕に装着していれば、眠りの深さなどもわかるはずなんですが、アレルギーの方が問題になってくるので残念ながらしてません。

さすがにこれは予想できませんでした。なので休日等はチャージャーの上が定位置になっている状態です。

カテゴリー: AppleWatch | AppleWatch使って見て はコメントを受け付けていません

M1 Macbook Air発注

今回は当初の予定で行くとiPhoneを更新する予定でした。今現在使用しているのが、iPhone8 plusなのでそろそろ更新しても良い頃かなと思い始めていました。Airの新製品がリリースされると言う情報も、ネットを介した情報等で入手していました。なぜ、iPhoneからAirの更新に移行したかと言うと、リリースされて最近でこそ、M1チップの評価を知ることとなりましたが、以前は未だ未知数であった所が大きいです。IntelからM1に移行される事で、きちんと動作するのか、今までのアプリは大丈夫か等、不安要素がいろいろとあって今回は様子を見た方が得策かなと思っていました。

リリースされてから専門サイトやYoutube等でのM1チップ搭載Macの評価が発表されて、それらを見て判断して、今回オーダーするに至りました。Apple製品の場合、新製品が出てしばらくは様子を見た方が良いと(今はあまりそんなことは言わないかな?)かつてはそんな見方もあって躊躇していました。もちろん、多少のバグや不具合は仕方ないとしても、エンドユーザーに渡る段階でまともに使えないとなると、恐らく今では大きな問題になるでしょうね。

前置きはそのくらいにして、今回オーダーしたのは、Macbook Air M1 8Core CPU 8Core GPUで512GB SSDで16GBメモリーのモデルです。8Coreモデルの方では512GB SSDが一番下位のモデルになるようです。本来であれば、1GB SSDモデルが欲しかったのです。前回のAirではSSDの容量をけちって購入した事で、後に換装した経緯がありました。ところが、SSDをカスタマイズすると納期が年内に間に合わない事がわかりました。せっかく年末年始の楽しみにと思ってオーダーしたのにそれはないよと言う事で512GBにしました。不足があれば外付けSSDやオンラインストレージ等で補えば良いと判断しました。ところで今回のM1モデルですが、SSD等の換装はできないようです。当初から基板に直付けと言う事なんでしょうか・・・

今の予定では12/29頃には到着する予定となっています。あ、カラーはゴールドにしました。手持ちのAirを購入した時にはゴールドの設定がなかったので、やむなくシルバーにしました。Airが到着した際には到着リポートが記せると思います。

カテゴリー: Macなお話 | 2件のコメント

M1 MacBook Air

最新のM1チップを搭載したMacBook Airの性能がかなり凄いらしい。Youtube等で様々なデモンストレーションを見ているが、そのほとんどの評価で凄いのだそうだ。私のMacBook Airも最新のBig Surにアップしたものの、性能的には数世代前のモデルとなっている。一応買った当時にCPUカスタマイズでCore i7をチョイスした。主力機のMacPro、セカンドマシンとしてのMacBook Airと言う形体が最近続いているが、Airの方は親戚宅に行った時、出先などで必要に応じて使っている。一応出かけた際にはACケーブルを持参しているけど、ホテルなどは別として親戚宅などではコンセントを貸してもらうのは親しい間柄とは言え躊躇する事もある。最近は鞄の中にバッテリーを入れて、iPad、iPhone、Mac等の類を充電できるように短期間お出かけには対応している。車で外出しているならば、車内でチャージする手もありですね。

iPadに比べて消費電力の多いAir。このM1チップ搭載のAirは冷却ファンもなく静からしい。しかも余程負荷をかけるような作業でなければ熱を持たないと言うことらしいので、それならばと目下購入検討中です。ただ、Windows環境(Parallels等による)には問題があるとの事で、その辺は対応を待つか、別策を考えるか・・・。

AppleのHPによると、内蔵SSDを変更したりするカスタマイズを行うと年内には入手できそうにないので、512MBのSSDモデルを基準に検討しています。やはり、年内に手に入れば、コロナによる年末年始の自粛要請でも十分楽しめるかなと期待しています。

カテゴリー: Macなお話 | 2件のコメント