Panasonic Toughbook CF-31を入手

ついこの前、タイトルにあるToughbook CF-31を手に入れました。普段はMacが主で使っているので、Windows機を入手する機会はそれほど多くはないのですが、どうしても仕事はWindows、プライベートは、Mac+Windowsと言う流れになってしまっています。

今回、Windows機を手に入れるのは初めてではありません。Let’s Noteを良い状態で手に入れた過去があります。なぜ、Macがメインであるのに、あえて再び手に入れる必要があったのかと言いますと、在宅によって家でも資料や書類を作る機会が増えたことにあります。でも、それなら、Let’s Noteでも十分こなせるはずでは?となりますが、実はLet’s Note
は画面サイズが10インチの小型サイズで持ち運びを考えてこのサイズにしましたが、自宅等で作業するにはキーボードが小さく、比較的長い時間作業するには使いづらかったのでした。Toughbookにしたのは、仕事場で見てなかなか気に入って物欲が働いたからです。もちろん、新品では値段が高いので、程度の良いものを中古で購入しました。

Windows 10がインストールされているモデルを探して、しかも比較的良いものを探しました。日立キャピタルで購入、Let’s Noteの時もそうでしたが、ここは比較的程度の良い製品に巡り会いました。

デフォルトでは500GBのHDDでしたが、同容量のSSDに換装しました。Toughbookはそもそも軍関係や警察などのヘビーな場所での使用を前提としているので、作りはかなり頑丈です。HDDの取り出しは簡単ですが、HDDは物理的な衝撃を避けるために専用の容器のようなものに入っていて、本体周囲にはヒーターか、温度センサーのようなもので巻かれています。

以下の写真はHDDを取り出して、本体を取り出したところ。右はHDD本体(500GB)で、その他はHDDを保護するためのケースのようなもの。左上に見えるフィルム状のものはHDD本体に巻かれていた、ヒーターか温度センサーと思われます。おそらく、低温状態での動作を考慮してのものと思います。

SSDに換装して、無事動作をしています。すでに、Officeを使ってドキュメント作成をしたりしていますが、タイピングは非常に楽に行えます。さすがに、電車などを使っての移動には重くて難しいですが、車を使っての移動ならば楽にこなせそうです。今回は、この当ブログもToughbookからの入力です。でも、やっぱり、Macの方が写真の編集とかは楽だなあ。サイズ変更するのに、ずいぶんと迷ってしまいました(笑)。

カテゴリー: Windowsのお話 | コメントする

Apple Design Keyboard

Macを長年使ってきて思う事は、最近は良いキータッチのキーボードに巡り合えない事。純正のキーボードはキーが浅く、何だかスイッチ見たいな感じがする。テキストを早く入力するにはキーが浅い方が好まれるのかもしれないが、個人的には時々使う程度でほとんどがモニターの下で休眠状態になっている。最も最近購入したキーボードで気に入っているのは、カナダのMatias社のTactile Pro位で、このキーボードはかつてのApple純正キーボードに近い感じでキー入力ができます。個人的には好みだけど、カチャカチャと音が大きいのが問題で、例えば周囲に誰かいる場合などは耳障りに思われてしまうかもしれません。

先週、かつての純正キーボードのいくつかが販売されているのを見つけ、程度が良かったので購入に至りました。買ったのはApple Design Keyboardです。この時代のキーボードを使うには、ADBからUSBに変換しないと使う事ができないのですが、私はiMate(ADB–>USB)を捨てずに持っていたので、それを使い接続をしました。これで問題なく使用できますが、いくつかの制限があります。例えば、num lock、caps lock、scroll lock等のキーは反応しません。
本体右上にこれらの機能を有効にした際に表示する表示灯(シグナル?)がありますが表示されません。あくまでもキー入力のみと言った所でしょうか。

実はこれ以外にも個人的にはKensignton社のADB Track bollを持っていますが、こちらはiMateを介さず、ADB-USB変換ケーブルで使っています。

以下は今回購入した、Apple Design Keyboard.

Apple Adjustable Keyboard

こちらは、iMateのアップ。

iMate

カテゴリー: Macなお話 | 2件のコメント

春めいた陽気・墓参り

週末は久しぶりに墓参りに行ってきました。天気にも恵まれたのと、かねてからの母の強い希望からでした。霊園の中の桜も見事に花を咲かせており、それの見物に来ていたと思われる人も見受けられました。墓の敷地内は結構草が生い茂っており、それらを刈り取るにも1時間半ほどかかってしまいました。母は率先して草取りを始めるのですが、高齢と言う事もありさすがに疲れ切ったようでした。私もサポートすべく刈り取った草をビニール袋に入れて行きました。結局、ビニール袋3個程度の草を刈り取りました。

霊園内の墓は父が建立したもので毎年2万ほどの管理料を払わないとなりませんが、個人敷地内の草刈り等の手入れはやってくれません。墓参り代行や草刈りなどは別料金となります。亡くなった人にしていれば、見ず知らずの他人に墓参りをしてもらってもちっともうれしくないだろうと思うのですが、最近はそんなサービスもあるようです。墓で最近の出来事と言えば、台風襲来で墓碑が倒れて隣に敷地に倒れた際に、囲いの石に傷がついたと言う事で、両方の家で折半で費用を工面したと言う事。結局、管理費を払わせておきながら、何をしているのかと言いたい所でした。墓の周囲ばかりきれいにしておいて、肝心な墓に関わる部分は自己負担のようです。他の霊園はどうなっているのか知りませんが、妙だなと思っている所です。

さて、外出から帰ってくると、何だか鼻の中がむずむず、そして目が痒い、これはあきらかな花粉症の症状と言う事で、即、目を洗いました。しばらくは、この症状に悩まされそうです。そう言えば、最近日の出が早くなって、朝6時にはほぼ夜が明けている感じです。以前は6時半を回る頃でないと空は明るくならなかったのですが、これも季節の変化のうちですね。

カテゴリー: 一般 | 2件のコメント

ネットワークドライブ接続の問題

今ではオンラインストレージを活用する事で自前で容量の大きなドライブを用意する事も少なくなっている気がしますが、うちでは以前購入したドライブを使って取っておきたいファイルや画像、動画ファイルを保存しています。職場などでは24時間休まずこの手のドライブを運用しているわけですが、個人で使用する場合は必要になったときにだけ電源を入れるようにしています。

久しぶりに電源を入れて見てドライブにアクセスしようとした所、うまく接続ができませんでした。原因のいくつかを考えてみました。最近、無線LANの親機を交換しているので、これが悪さをしているのかと思ったのですが、他の周辺機器は問題なく使えているので多分違うだろうと。ネットで検索してみると、問題が生じている場合、IPアドレスをDHCPに変更してみてどうか、LANケーブルを交換してみる等々、解決策の候補はありましたが、どれもちょっと違う様で、最後にたどり着いたのが、スイッチングハブの故障でした。ハブは故障しても、接続できてしまう事があって見極めるのが難しいとの事。本体の電源をON OFFしてみたり、Mac本体の再起動も何度かしたりと症状を見てみました。接続できたり、できなかったりと不安定。これはハブが問題と特定して、新たにハブをamazonに注文しました。ハブの寿命は環境や個体差もあるようで何とも判断しにくい所ですが、2018年5月24日に同じくamazonで購入している事がわかりました。ただ、この履歴からすると3年もせずに故障した事になります。

新しいハブに付け替え、さらにLANケーブルも一部新しいのに交換しました。いよいよ行けるかと思いきや、ダメでした。MacBook Airから接続(こちらは無線LAN経由)してみると、問題なく接続できました。最初からこれを試してみれば良かったのですが、少なくともこれでドライブ本体の故障ではない事がわかりました。そこで今度はMac本体の環境設定をチェックしてみる事で、インストールしているNetBarrierの設定がトラブルの原因である事がわかり、設定を変更する事で無事安定して接続できる事がわかりました。新規購入までしたハブは結局の所問題なかったと言う事になります。処分する前に気付いたので保管する事にしました。勉強代と言う事にします。

ところで、ネットワークドライブなのでMacに限らず、Windows側からもアクセスできるはずなのですが、こちらはまだ未解決。Windowsは奥深いのでちょっと勉強が必要です。こちらも追々、解決できるようにします。

以下は交換したハブ。まだ使えると思うので万が一のときに備えて保管することにしました。

カテゴリー: Macなお話, Windowsのお話 | 2件のコメント

花粉症の季節

この時期になると悩まされるのが花粉症。世間ではコロナが騒がれその影であまり目立っていないような感じですが、春めいた陽気が続いているこの時期は鼻水が出たり、目がかゆくなったりと様々な症状で苦しめられます。私は症状としてはそれほどひどい状況ではなく、幸いにも目薬程度で何とかしのげています。それでも時々目がかゆくなったり、鼻水が出たりします。幸か不幸か症状がひどくなっていないのは、コロナ感染対策として外出時にはマスクをしているからかもしれません。

コロナと言えば、いよいよ緊急事態宣言も解除となるようで、これからの時期は街中の人出も増えると予想できます。いくら、stay at homeでじっとしていてと言われても限界があります。感染対策と言っても先に精神的に病んでしまう可能性が大きい気がします。いつまで続くのかと思いながらも、コロナの影響で在宅が増えてその生活にもだいぶと慣れてきた感じがあります。今では週1日程度の在宅が当たり前で、1週間フルに出勤すると今週は疲れたなと思う事もしばしば。体重管理はしていませんが、運動不足は間違いなしと言う感じです。

カテゴリー: 一般 | 2件のコメント

1年目の法定点検

少し早いのですが毎日の通勤で使っていて走行距離も延びている事から、早めの法定点検を実施してきました。4月末で正式に1年を迎えるのですが、コロナの事や通勤時間が短縮できるメリットも相まって最近はずっと車通勤になっています。通勤とは言え片道80km程度走るので、すでに走行距離は25000km程になっています。

メンテナンスパックなるものに加入しているので、基本メニューの中で対応できるものについては課金はありません。オイルやフィルターエレメントの交換もこのメニューの中に入っています。今回、気になっていたのがタイヤとワイパーでした。タイヤは今回の時点では問題はなしで、減り具合も均等、ローテーションの必要もなしでした。ワイパーはと言うと、フロントとリヤーとも交換となりこちらは部品代がかかります。フロントのワイパーはそれほど気にはなりませんでしたが、リアのワイパーが雨天時などに使用するとガラス面でぶれる傾向がありました。先代プリウスの時はリアワイパーはほとんど使用する事はありませんでしたが、今回はルームミラーを電子式にしたためにリアのガラスに水滴が付いていると後方視界が見難いと言う事がありました。電子式ミラーは後部座席に人がいても人は写り込まないのでその点はgoodです。ただし慣れも必要で、後方の車の距離感が光学式ミラーに比べて若干異なるような感じがあります。それ以外にも夜間はヘッドライトの光が潰れて見えたり、早朝時間帯は、Autoモードにしておくと明るさに応じてヘッドライトを点けたり消したりしてくれますが、ミラーの明るさもそれに応じて変わりますが、これが時間帯の寄っては微妙にみずらいことがあります。

その他、エアコンのフィルターを交換しました。生前父がディーラーの言うことをそのまま聞いていると金ばかりかかるとよく言ってました。それはまんざら嘘ではありませんが、安全上影響がある場合は仕方ないと個人的には思います。エアコンフィルターの交換は花粉症の時期と言う事もあって交換しました。トータルで8000円弱かかりました。これで少し燃費(オイル交換で)が良くなればいいけれど・・・。

ここ最近ガソリン価格が上がっているので気になります。木曜に給油しましたが、割引券使っても140円/Lでした。

カテゴリー: 一般 | 2件のコメント

3月の入り春は近い?

世の中はコロナ騒ぎの最中で、いよいよ首都圏も解除なるかと言った所。仕事ではいよいよ年度末と言われる時期で、いろいろと書類を作ったり、はてまた人事異動で新人が入ってきたりと忙しい。それでも、週によっては在宅のある週もあり、仕事のやり方を調整しないといけない。この間までは近くに新人なんていなかったのでマスクをするのは人が来て会話するときくらいでしたが、今では新人がちょっとの間同居することになり、マスクを着用するようにしています。ランチの時間は部屋を抜けて打ち合わせスペースで食事をしたりと、気遣いとコロナ感染防止の理由で大変です(笑)

今日は天気こそ悪かったものの、気温はこの時期としては高くて暖房いらずでした。ところが、風も強く夜半になるとぐっと寒くなりました。暖かくなったり、寒くなったりで気候は安定しないものの、だんだん春に近いづいている感じです。ところが、今度の週末はまた天気が悪く、雨または雪?の予報が・・・・。
車のタイヤも今年の冬はノーマルで大丈夫と見込んでいますが、やはり4月あたりにならないと安心はできない気がします。

最近、楽しみがめっきり少なくなってきた気がします。これも今の世の中を表しているのかもしれませんが、在宅ができて時間が増えたのは良い事ですが、反面、出費が嵩むようになりました。何か自分を生かせる知識を身に付けるようにしないと感じますが、重い腰が上がらない(^^;;)。運動不足(これは明らかな事実)から、体が鈍って来ている。これは歳によるもの以外で。

カテゴリー: 一般 | 2件のコメント

シャワーヘッドと無線LAN機器を改めた

日ごろから入浴した際には世話になっているシャワーヘッドが不調になりました。シャワーヘッドには手元でお湯を止めたりする事ができるボタンが付いているのですが、それが最近押した状態のまま出てこなくなりました。つまり、お湯が出る状態で固定されたと言う感じです。もちろん、蛇口のレバーを使えば、お湯を出したり止めたりができるのですが・・・・。ついこの間までは、だましだまし使えていたのですが、いよいよダメになりました。

楽天市場でシャワーの出方をミスト(霧状)にできたり、やわらかい出方にしたり、真ん中だけを集中させていわゆる、マッサージ的な事ができたりするシャワーヘッドを注文して交換しました。8800円で購入、交換は簡単で今までのヘッドを取り外して、パッキンを入れて新しいものに取り換えるだけのシンプルなものです。ただし、今度のシャワーヘッドは以前のものと違い手元ボタンはなく、蛇口レバーで操作しないとなりません。今までは、母が入浴した後や、掃除をしてくれた後に入ると、シャワーヘッドの手元ボタンはちゃんと止まっている(ボタンが出ている状態)のですが、蛇口レバーは全開状態でした。このままだと、ヘッドには全開状態で常に水圧がかかって良くないといつも感じていた事でした。
今度のシャワーヘッドではそれができないので安心です。逆にお湯の出か方をいろいろと変える事ができるので、入浴時にはいろいろと楽しむ事ができます。

さて、無線LAN機器ですが、あれ?そう言えばついこの前変えたのではなかったっけ?とお気付きの方もいるかと想います。確かに、TP-Link社製 Archer AX50を使っていました。性能的には何ら問題はありませんでしたが、横置きタイプで、MacPro 2010の本体上に置いていました。もう少し、購入前に検討すれば良かったのですが、動線上で問題が発生し、他の置き場所はないかと考えましたが、良い所がなく壁掛けができて内蔵アンテナタイプに切り替えました。安物買いの銭失い(安くはなかったかも)でした。
amazonで購入、Buffalo WSR-5400AX6/NCGでした。5Ghz帯では、Archer AX50より高速になります(理論値)。

本棚の側面に取り付けました。この場所はかつてAirMac Extreme(初代キノコタイプ)を設置していた場所で、なおかつ、取り付けに必要な平ねじも流用できました。当時の物をそのまま残しておいて正解でした。

カテゴリー: AppleWatch, iPhone and iPad, Macなお話, Windowsのお話, 一般 | 2件のコメント

stay at homeだ

緊急事態宣言発令中で遠出はおろか、不要不急の外出が制限されている状況で、土曜の今日まで目下篭城中です。買い物は別として、今回は木曜の祝日からずっっと確定申告の資料作りで外出どころではなかったのでした。今はパソコンを使っての入力で書類の作成から提出までできる便利な時代になったとは言え、確定申告の書類作りは簡単ではありません。入力そのものの問題よりも、例えば、分離課税になるのか総合課税になるかで最終的な納税金額が変わってくるので困ったものです。金曜は平日だったので税務署に電話をしたものの、多分同じような電話で一向につながらない。前回頼んだ親戚に電話で問い合わせても、言葉で言われてもわからないのである。私が一括して入力、データーは一時保存はできるのだが、反映されて書類作成まで何度もやり直す始末で、書類の中身は母が確認するも、何度も訂正、作り直しの繰り返しで、いい加減いやになってしまった・・・・

入力に使っているiMacは何も悪い事はしていないのだが、何度も八つ当たりをする始末で、iMacからしてみれば、何だかここ数日ずいぶん荒れくれているなと思った事だろう。昔は確定申告の時期になると、親の機嫌がずいぶんと悪くなるのを子供ながらに感じていた。昔は今みたいにパソコンなどなかった時代、手書きで作成しては訂正したりと大変だっただろうと思う。あ、でも昔は税理士等にお願いして作成してもらったりしていた可能性はあるかもしれません。もちろん、今でも税理士に依頼する事はできるでしょうけど、昔ほどはこの確定申告で稼ぐ事はできないかもしれません。あくまでも推測ですけどね。

結局、書類を税務署に提出しても訂正させられる可能性もありという事で、何パターンか作りました・・・・。

2月は父の命日だったので本来、墓参りに行きたかったのですが、それもできませんでした。足がずいぶん遠のいてしまって、墓も草だらけではないかと予想しています。

カテゴリー: 一般 | 2件のコメント

確定申告に苦労

目下、母が確定申告に苦労しています。e-taxを使えば自宅から簡単に申告ができますと言われてますが、それでも慣れないとどうやってやるのかまずわかりません。実は今日は偶然私は在宅日で、母の確定申告を見ていました。

e-taxのページまで行きますが、まずそこでOSの環境だの、ブラウザーの種類等、自分のパソコンが何を使っているのかわからないとつまずいてしまいます。申告するのは若い人ばかりではなく、パソコンに精通している人ばかりではありません。母はログインしたいけれど何度やってもダメだと。いろいろと調べていると、どうも暗証番号が違うのではないかと推測しました。母に聞くと、登録してある暗証番号だと言うのですが、暗証番号の中には英数字が含まれていました。忘れた場合の再発行にメールアドレス宛に仮の番号?を発行して送ってくるシステムはあるのですが、母はどうもメールを届け出ていないらしく、こうなるともう紙ベースで再発行してもらうより手はない・・・・・

今までは、直接税務署の窓口に提出したり、親戚に詳しい人がいるので頼んでやってもらったりもしていました。今回は自分で何とかしようと、親戚に電話をしてやり方を聞いてまだ、いろいろと苦労しながら奮闘中です。定期的に何度かやっている事なら容易いでしょうけど、たまにやる作業でしかも税の申告は結構嫌がってやる気が出ない事もしばしなかもしれません。あ、それと申告するにあたり書類で使われている用語も結構わかりづらい気がします。こちらは、パソコンの使い方とは別の問題かな。書類をもとに記入上のサンプルを何例か作成しておけばよいと思うのですが・・・・・

カテゴリー: 一般 | 2件のコメント