糖尿病になった

俗に中年と言われる年代位からお腹がぽっこりと膨らんでしまい、いわゆる中年太りと言うような体形になってしまいました。それでも、定期的な健診で特に何も問題がなかったので気にしていませんでした。ところが、LDLコレステロールや血糖値が平常値の値を上回るようになり、直近の健診で尿中に糖(+3)、蛋白(+1)と診断され、糖尿病の治療をされていますかと医師から言われてしまいました。

別のクリニックで再検査をしてもらったところ、γ-GTP、中性脂肪、グルコース、HbA1C等の項目で異常値がでてしまい、早急に治療が必要ですと言う事で、いよいよ投薬治療を開始する羽目になりました。脂肪肝と言う診察から、昼は市販の弁当に切り替え、カップ麺の類は口にしないようにしていましたが、どうやら、体中に溜まった脂はそれくらいでは改善されず、処方薬によって強制的に血糖値を下げ、肝臓でのコレステロールを阻害する事で1ヶ月間様子を見る事になりました。1ヶ月後に採血して検査してもらい、もし、改善されていないようだったら、更に強い薬を処方する事になりました。

私の大学時代の親友がやはり糖尿病で治療をしており、いろいろと話を聞く事ができるのですが、親友ががっちりとした体格だったので糖尿病=肥満と言うイメージがずっとありましたが実際はそうではないようです。後からわかったのですが、私の実の母、父とも他界していて直接話は聞けなかったのですが、父の姉から父の兄弟が糖尿の気があったようで、それからすると遺伝的な糖尿病かも知れません。

自覚症状がまだないようで、普段の生活に影響はありませんが自身を戒めるためにも今後注意をしないといけない所に来ていると言えそうです

糖尿病になった” への2件のフィードバック

  1. 50代になると、どんな人でもどこか弱い部分から、病気が発症していますネ。まずはじっくりと治療が大事ですね。
    私もようやく仕事の難所を通り抜けた感があり、明日から運動再開です

    1. くーぺさん
      昔は人間50年なんて言っていた時代もありますから、50を過ぎるとどこかしら不具合が出てくるかもしれませんね。風邪等と違い、糖尿病は長引くイメージがあるので、治療をしながら適度な運動、食生活等を見直さないとならないようです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください