コロナウイルスによって世界的に嫌な世の中に

コロナウイルスと言う言葉を耳にするようになってから、しばらく経ちますが未だに収束の兆しは見えないようです。私たちの生活にも影響を受けて、製品によっては未だに手に入りにくい物もあります。新年には良い年になるように祈って始まった2020年でしたが、世界的に見ても波乱に満ちたスタートとなった気がします。今年は東京でのオリンピックも予定されていますが、果たしてどうなることやら・・・・・

職場でも家の中でも手の洗浄殺菌をキャンペーンのごとくアナウンスされているので、良い意味でも手を良く洗う習慣ができました。そして今、外出するとほとんどの人がマスクを付けています。私はマスクをすると息苦しくなったり、眼鏡が曇ったりとするので今でもマスクはしてません。それにマスクはどこのスーパやドラッグストアに行っても手に入らず、したくてもできないと言うのが現状のような気がします。

先週末は近所のドラッグに夜に行くと、トイレットペーパの棚が空っぽでした。最近は大型スーパーが力を入れてきて入荷し出したので、それほど問題になってませんが、今日、職場近くの大型店で購入してきました。年度末が近づいており有休を消化しないとならず、週末の今日は午後休暇としました。

皆様もコロナ感染には十分ご注意下さい。そして早くこの状況が収束する事を切に願います・・・

コロナウイルスによって世界的に嫌な世の中に” への2件のフィードバック

  1. トイレットペーパー騒ぎなんてくだらねえなんて思いながら、現実問題を考えると、否応無しに巻き込まれて、長蛇の列に並ばざる得ない自分。パニックになると連鎖反応に適応せざる得ないので、本当に怖いと思いました。昨日は朝からホームセンターに行きましたが、トイレットペーパーは制限もなくなり落ち着きました。マスクは、病院に行った時、付属のコンビニに「蒸気の出るマスク」が3枚500円でした。在庫がもうすぐ無くなりそうな我が家は、仕方なく2包計6枚1千円で買いました。バカバカしいです。

  2. くーぺさん、
    確かにニュースを見る限りでは、なんて馬鹿馬鹿しいと思うのですが、こう言う状況だと、つまらないデマでも混乱を発生させる原因にもなるので十分気をつけないとダメですね。かつての関東大震災の時に、井戸に毒をいれたと言うデマが広がったという状況が今回の経験から何となく理解できたような気がします。

    トイレットペーパーは努力の甲斐があって、だいぶ収束しているようですが、マスクは相変わらずダメですね。多くのドラッグで、マスク入荷ありませんの表示があります。ネット上では制限が掛かったとは言え、高額な取引が平気で行われています。

    私はスプレータイプのものを使っていますが、こちらも人気らしく、最近では場所によっては在庫なしのところも多い様です。まったく、いつまで続くことやら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください