Montereyへのアップデート・試行錯誤

MacPro (Late2013)のアップデート作業でいろいろと試行錯誤しています。内蔵SSDがサードパーティ製のものだとうまく行かない事がわかり、メルカリで中古のApple純正の256GBのSSDを購入。現時点ではまだ手元に無いので、その間、いろいろと試行錯誤をしてみました。幸いにも祝日の余暇を利用してトライしてみました。

まず、本来MacProを購入した時点であったはずの純正SSDの行方がわからなかったので、これらしきものに目星をつけてアップデート作業をしてみました。分解して見ればよいのではと言う事で事前にMacProに取り付けをトライしてみようとした所、ソケットの形状が合いませんでした。と言う事はMacProについていたものとは異なる可能性が大と言う事。ひょっとすると、外付けドライブから起動してアップデートしてみたら行けるかなと言う事で、まず、Big Surのインストーラーをダウンロードして、外付けにインストール。外付けから起動してアップデートを試みましたが、内蔵SSDをチェックするようであっけなく失敗に終わりました。この時点でやれる事はここまでと感じます。

まもなく購入したSSDが到着すると思うので、週末辺りにMacProに取り付けてアップデート作業の続きをと思います。ところで、今回分解してみて気付いた事があります。サードパーティ製の2GBのSSDのヒートシンクが熱によってずれていました。イメージなんですが、ヒートシンクとSSDの間に熱伝導をよくするペースト状のものが塗られていて、それが熱で溶出したと感じます。動作等に問題はないのですが、今後使用する上ではちょっと心配です。純正の1GBSSDが4万ほどで入手できるようなのですが、さてどうしたらよいものか考えています・・・・

次は到着した純正品を取り付けての報告ができるかと思います。

「Montereyへのアップデート・試行錯誤」への2件のフィードバック

  1. 問題を解決するために試行錯誤して絞り込みを図る作業は楽しいですが、一方ではなかなか大変ですね。

    1. くーぺさん
      大変なのは、出費かもしれません。問題解決の為にかかる出費はバカにできませんし、お金は限りがありますからね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA