インターネットプロバイダーの契約内容見直し

CATV回線から光回線に変更した時からずっとDTIにお世話になっていますが、過去に追加契約でお願いしたサービスが既に使わなくなって久しかったりで、今回、内容を細かく見直しました。まずはIP電話で、当初はちょこちょこと使っていた事もあったのですが、最近では全然出番なし。結局、家のひかり電話や携帯電話からかける事が殆どで廃止としました。ユニバーサル利用料の5円だけではありますが節約できます。次に、追加メールアカウントの廃止。プライマリーアカウントは普段から利用しているのと、契約プラン内に含まれるのでそのまま。要はメールのやり取りなどで内容や、相手などでメールを振り分ける目的で用意した訳でしたが、最近では無料でメールアカウントが作れるので、そちらに移行しました。ウイルスチェックやジャンクメールの除去など、プロバイダーが運営しているので、それなりにサービスはしっかりしているのですが、月額210円かかります。と言う事で210円のセーブとなります。これで、合計2211円(税込み)-215円が節約できました。2000円近くも課金されているのは、それ以外にプラチナオプションと呼ばれる固定IPアドレスによる接続ができるプランにしているためです。自宅に自前サーバーでも構築していない限りはあまり必要としないのですが、今後の為にこちらは残す事にしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください