iPadで地デジを視聴する

今までMac Proでテレビを視聴するにはピクセラのTVチューナー製品を使い、外部ディスプレイに画像を表示させてきましたが、OSをバージョンアップするに従って、アナログ出力にも対応しなくなり今では殆どテレビ放送をMac Pro上では見なくなりました。とは言え、フレッツテレビの契約もあり、何とかならないかと思案していました。解決策として、Windows対応の製品を購入してLet’ Noteで視聴するやり方と、(もちろん、BootCampを使えばMac Pro上でも視聴は可能ですが、他の作業をやりながらの流れ視聴?は難しい)今回、採用したiPad上で地デジ放送を見るやり方の2通りになりました。金額的に見れば、Windows製品(USB 2.0接続でLet’s Noteとつなぐ)の方が安いことがわかりました。8000円弱の投資で実現可能。

しかしながら、iPadで視聴する方がRetina Displayと言う事もあり綺麗ではないかと感じ導入しました。投資額はSoftBank TVチューナーが、13800円(2000円のディスカウントあり)、それと、iPadの延長ケーブル(2580円)の2点でした。実際放送を視聴してみると、綺麗に見れる事がわかり、サイズさえ気にしなければ十分行ける事がわかりました。この製品、SoftBankとありますが、ハードウエアはピクセラが担当しているようです。ベッドの上で寝ながらも見れますし、机の上に置きながらも視聴できるのである意味軽快な使い方が出来るようになりました。家中何処でも見る事ができる訳で、そう言う意味では利便性が向上しました。今まで以上にiPadの出番が増える事になりました。Mac以上と言っても過言ではないように・・・・・。

今回、購入した製品の画像を載せておきます。地上デジタル、BS、CSにも対応しています。特に新製品と言う訳ではなさそうですが、iPhone 4を使っているSB(SoftBank)ユーザでありながら、この製品は店頭で確認するまで知りませんでした。

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA