PowerBook G4 12inchを久しぶりに立ち上げた

 

MacBook Airを購入してからめっきりと出番が少なくなったPowerBook G4 12(PB G4 12)ですが、土曜の夜遅くになって久しぶりに本体に通電しました。すでにバッテリーは0%となっており、電源ケーブルを差し込んで充電を開始しました。バッテリーは本体をUsedで購入後、一度バッテリー交換をしているのでそれほど劣化は見られません。PB G4 12を購入した当時はまだ、メインのラップトップマシンはPB G4 15だったので、この12インチモデルはかなり持ち運ぶ際には魅力的なマシンでした。OSは10.4.11でCPUは今では旧世代になってしまったPPC G4 1.33 GHzです。10.4を使っている理由はClassic環境が使える最後のOSであることです。私の手持ちのラップトップでOS9環境を構築できて、最速のモデルはこのPB G4 12になってしまいました。

OS環境が古くなるとサポートの面からも見放されがちになります。セキュリティーの問題だけでなく、最新アプリも動かなくなったり等問題が多いです。ただ、何でも最新にしないとならないかと言えばそうではなく、限定した用途で使えばまだまだ使えるマシンです。Macの初期のモデルなどは、ネットに接続せずに使えば、古いプリンターを確保すればまだ使えなくもありません。もちろん、ハードウエアが問題なく動作する事が前提になりますが・・・。

ここのWordPressの編集環境も、10.4付属のSafariでは古すぎて対応していないようで、アラートが表示されてしまいます。しかし、表示されますが、使えないわけではありません。現にこのエントリーもPB G4 12から入力しています。過去のいろいろなアプリもインストールされている関係上、まだしばらくは現役で使う事になりそうです。
P1010031

 

 

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA