MacPro上のVirtualBoxでのWindows 8は8.1にアップグレードできなかった

未だリリースされて日が浅いWindows 8.1ですが、hp Pavilion dm1は問題なく8.1に移行できたのですが、VirtualBox上に展開している8を8.1にアップグレードしようとするとエラーが表示されて移行できませんでした。VirtualBoxは最新バージョンに移行、尚且つ、Windows側も8には現時点で最新のアップデートを当ててみてのトライだったのですが、結果ダメでした。

エラー内容はサポートされていないCPUと表示されます。これはMacProに使用されているXeon プロセッサーに起因するものかもしれません。しかしながら、今まで8では問題なかったので、なぜ8.1でだめになったかは調べる必要がありそうです。うちではMacBook Airがあるのですが、こちらは既にParallels+Windows 7をインストールしているので、同一のプラットフォームとは行きません。VirtualBoxはフリーですからインストールする事は問題ありませんが、Windowsのライセンシ上の問題で同一のWindowsを複数インストールする事はできないですから、もし決行するならば、新たにラインセンスを購入しないとなりません。どこからか、研究費をひねり出さないといけないことになります・・・(笑)

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA