MacBook Airのインターネット復元

新規に購入した13インチMacBook Airはまだ完全にアプリをインストールを終了していないが、とりあえず運用を開始しました。以前まで使用していた11インチMBAの方を知人に譲るべく、ディスクの中身を工場出荷時と同様の状態にするべく作業を開始。今までのMacであればインストールディスクが付属しており、それを使って中身をフォーマットしシステムを再インストールすれば作業は終わりだった。しかし、最近のMacではインストールディスクが付属しておらず、内臓ディスクのリカバリー領域から再セットアップする仕様になっている。

ところが再セットアップの作業中に問題が発生。何か間違った操作をしたらしく、何度起動しても?マークが出て起動ができない状態に・・・・。

アップルのHP上の説明を確認しながら、command+Rキーを押しながら起動しなおすと、今度はインターネット復元モードになった。地球儀マークが現れ、ネットワーク環境を選択するようになっている。当初、Ethernet経由での有線で試みようとしたがダメで、無線LANが必須のようである。ところが、何度やっても、エラーコード2002Fが表示されてしまう。Discussion Boardで同様の事例を参考にやってみるもうまくいかない。

ここまでの情報でわかったことは、NTT フレッツ光 光電話ルーター+無線ルーターでは、同様苦労されているユーザーが多いようだった。うちの設定は以下の通りで、

光電話ルーター:PR-500MI + 無線ルーター:AirMac Extreme
光電話ルーターをルーティングモードにし、AirMac Extremeではブリッジモードで通常運用している。

ネット検索で調べてみると、似たような設定で運用されていた方が、AirMac Extreme側の設定をブリッジモードから、DHCP+NATモードにするとうまくいったという記事があり早速実行、うちもこのやり方で解決できました。

ただし、2重NAT状態になるために、AirMac Extreme本体のシグナルは黄色になり、警告がでます。しかしながら、この設定で行くと、すんなりとプログレスバーが現れ復元することができました。

これは、今後のために私にとってはメモしておかないといけない事象でした。

 

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA