法定点検終了

自家用車のプリウスの法定点検を7月18日の土曜にありました。購入してから2年目に入りましたが、今のところ特に大きなトラブルには見舞われていません。点検メニューはオイル交換(純正から、Mobile Super 3000に)とオイルフィルターの交換、オイルのグレードは前回の点検時から純正オイルからMobileのオイルに変更しました。その他、タイヤの前後交換およびローテーション、車内除菌が大きな項目です。オイルの銘柄を変えた事で燃費などに大きく影響があるかについては、見違えるほど大きく変わったと言う事はないようです。今の時期、どうしてもエアコンを入れぱなしと言う事もあり、どうしてもその辺は燃費に響いてくると思います。

それと、セルフタイプのガソリンスタンドが増えた事により、給油を自分で入れる事が多いのですが、その際に満タンと言っても、ストッパーが一度働いてから、その時点で給油をやめるのか、さらに継ぎ足して給油を繰り返すのかで目盛りの減り方も違うようです。ただ、継ぎ足し給油は基本的にやめるように言われているようですが、実行しているユーザーは多いと思います。ガソリンの液面が給油口ぎりぎりまで入れると言う人も私の周りにいるのですが、安全面から考えるとガソリンのノズルを少し浮かして、2〜3回様子を見ながらストッパーを効かして給油するのが良いのかと思います。どうしても、最初の1回目のストッパーが効いた時点で給油をやめると、目盛りの最初の1目盛りの減り具合が早いようです。

 

 

カテゴリー: 一般 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA