部屋の暖房

冬場に寒くなるとかかさず使うのが暖房ですが、例年で言うとエアコンだけだと部屋の湿度著しく低くなり咽がからから状態になります。運悪いとこれで風邪を引く事になる訳ですが、今年は何とか凌ぐことができています。今まではオイルヒーターに切り替えていましたが、オイルヒーターの利点は部屋の空気が汚れない、湿度の大きな変化がない等、良い点も多いのですが、欠点としては部屋が暖まるのに時間がかかることと、電気をどうしても食ってしまうので電気代がかかると言った事があります。

夜寝ている時は暖房を切っていると言う人もいるようですが、深夜にトイレに行くと言った事を考えるとどうしても暖房は入れっぱなしにする事が多いです(私の場合)。最近のエアコンは温度設定以外にセンサーを付いていて、四六時中温度が低くなると暖房運転すると言う訳でなく、深夜帯等はほとんど最低限の運転だけで、人の動き等を感知すると通常に運転するなど賢い機能が付いているので、以前に比べて電気代はずっと低くなるはずです・・・・。

最近の電気料金通知が来たのですが、去年はオイルヒーターをこの時期使っていたのですが、なぜか今年の時の方が電気使用量が多いのでちょっとびっくり・・・。暮れから新年にかけて親戚が来ていたので、それが影響しているのかとも思ったのですが謎です。

カテゴリー: 一般 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA