Panasonic Let’s Note CF-R9が戻ってきた

今日、SDD交換作業を終えたLet’s Noteが戻ってきました。普段はMacを使っていますが、やはりWindowsマシンも必要と言うことで新品ではありませんが、中古で入手しました。10インチサイズで軽量なので、持ち運ぶには便利この上なしです。
最近使用していて気になっていたのが、起動やWindows Updateの最中等の動作の遅さです。HDDアクセスランプが点灯し続けて動作ももっさりしていました。そこで内蔵HDDをSSDに交換することで速度向上を狙いました。HDDの時は本体が結構熱くなり、ファンもかなり廻っていましたがSSDにしてからは静かになりました。

このエントリーもLet’s Noteから書いているのですが、以前に比べてかなり軽快になった感じがします。SSDはWestern Digital WDS240G1G0Aの240GBモデルにしました。HDDが250GBだったので容量的には10GB減ったことになりますが、その分速度向上が期待できるならば申し分なしです。

作業は今回外注にしました。HPのラップトップの時は自分でやったのですが、Let’s Noteの10インチモデルの場合、かなり細かく分解をしないとならないようで、ちょっと自信がなかったと言うことです。

使い勝手はかなり向上したようです。

KODAK Digital Still Camera

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA