mac OS mojaveが発表される

今年秋口に次期mac OS mojave(モハベ)がリリースされるとの発表がありました。新規mac OsについてはすでにAppleのHPよりその詳細が記されています。新規mac OSがリリースが発表になるたびに自分の使っているMacが次期mac OSに対応するかどうかと言う心配があります。私のMacはメインで2台あって1つはMacBook Air(Early 2014)とMacPro(Mid 2010)の二つになります。
MacBook Airは問題なしで、McProの方はと言うと、Metal対応のgraphic boardを使用する事によって対応可能となっていました。現状のATI Radeon HD 5870ではMetal対応にはならず、graphic boardの更新が必要となってきました。本体そのものの買い替えではないので、大きな出費とはなりませんが、それでも大枚をはたく必要が出てきた事になります。

新規のmac OSそのものは無料でアップデートできるようですが、OSがアップデートされる度に何かしらの出費が出るのは変わらないと言えるかもしれません。かつてはMac OSがアップデートされるとパッケージをいち早く買いに行った記憶があります。当時はネットなんてありませんから、Mac情報誌や専門店の情報がすべてです。発売日に購入して、すぐにインストールしました。

今では次期mac OSがリリースされると言っても、昔感じていたあのわくわく感はあまり感じられません。アップデートすら家に居て簡単にできますから、実にあっけなくアップデートが済んでしまうと言う事になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください