Old Macを起動してみた

普段は休眠状態であることが多いOld Macです。今回、PowerBook G4 12inchモデルと、PowerBook G3初代の2モデルについて起動してみました。PowerBook G4 12は以前に内蔵HDをSSDに変更していて起動速度は申し分ない位くらい早く立ち上がります。うちにあるMacの中ではPPC(Power PC)モデルとしては最速になります。もう一方はPower PC G3を搭載した最初のモデルで、本体はPowerBook 3400と同じです。

PowerBook G4 12には目下、OS 10.3がインストールされていて、Classic環境でOS 9が起動できる状態にしてあります。使用するに当たっては、10.3当時のSafariが既に古く、最新のページを表示できなくなっています。ネット検索で調べてみるとTenfourfoxと言うPPCに対応したブラウザがあるようですが、サポートされる環境が10.4 or 10.5になっているので少なくとも10.4にアップグレードする必要があります。探してみたのですが、10.4(Tiger)のインストールディスクがないため、これは中古で入手しないとなりません。
一時、Linux環境にして使用することを試みて、インストールしてみたのですが不具合があって簡単に行かず、なおかつLinuxについては無知に等しい程度の知識しかなく断念しました。無線LANについてはWEP128に対応していれば無線LAN経由で接続ができるようなので無線設定を拡張しました。

さて、PowerBook G3の方ですが、起動させたものの画面が真っ白で何も表示されません。これにはちょっとびっくりでした。室内で保管して置いたのですが、経年劣化には勝てなかった感じです。HDDは起動してシステムは立ち上がっているようなので、おそらくロジックボード辺り?の故障かもしれません。OS9.1のCDから起動してみたものの、やはり同様でした。その他考えられる事はやってみたのですがダメでした。今後はオブジェにするか、壊す事を覚悟の上で分解してみるかですね。

クラムシェル型iBook G3ですが、こちらは無事起動しました。ただ、iBookの方はバッテリーがダメになっています。なので、AC必須と言うことでの使用となりますが、これらの状況から、OS9起動ができるのはiBook G3のみになりました。フロッピーベースのアプリも昔はあって、それはPower Book G3が廃止となると今後はレガシーアプリの使用などはあきらめないといけない所に来たと言うことかも知れません。

Old Macを起動してみた” への2件のフィードバック

  1. 遂にオールドMac再起動ですね。PowerBookG3の初代は、雑誌の過去モデル紹介で見たことあります。難しそうですね。TigerのDVDディスクは保有しておりますので、お貸しすることができます。

  2. くーぺさん
    PowerBook G3については、いろいろと調べて見た所修理
    することもできるようです。ただ、修理するに当って発生する金額と、修理後に
    使用する事を考えると、どちらが良いのかは天秤にかけないといけないと感じます。

    Tigerのディスクのご連絡ありがとうございます。
    必要になった時はお願いいたします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください