macOS Catalinaにアップグレードした

主力機となっているMacPro 2013ですが、いよいよCatalinaに移行を済ませました。使用できなくなるアプリの事も考え、Mojaveの環境を外付けHDDに残しました。しかしながら、なるべくCatalinaの環境で使用できるようにするために、必要なアップグレードや古いアプリの切り捨て、言わば、断捨離を実行し、新しい環境ではなるべくすっきりするような形にしました。

Adobeのアプリについては月額払いの年間ライセンスを購入しました。これで今後はOS環境に左右される事なく使用できると思います。昔はAdobeのアプリは高いと言うイメージがあって、欲しくても中々手に入れられませんでした。月額払いの煩わしさがあるとは言え、最新のアプリが個人でも入手できるようになった事は大きいと思います。古いバージョンのOfiiceも捨て最新版のみとしました。

画像編集も純正のPhotosがあるとは言え、今度から最新のPhotoshopを使えるし・・・・良い事ばかりですが、やはり出費がOSのバージョンアップをする事でアプリのアップグレードや購入等でかさんでしまいます。まあ、この辺は致し方ない所ですね。

実は、年末頃にかけて今度はハードウエアのアップグレードを考えています。今のMacPro 2013は6コアモデルなんですが、CPU換装をして12コアのトップモデルと同等の性能にしてしまおうと思っています。この辺はまた次回以降のエントリーにて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください