唐辛子栽培(3)

唐辛子を苗から育てて来ましたが、いよいよ唐辛子の実らしきものが出来てきました。苗の頃は丈も大きくありませんでしたが、支柱を建ててからと言うものかなり大きくなりました。そんな訳で、夕方の水やりのついでに写真に納めました。もう少し、生育の間の細かな写真が撮影できれば良かったのですが思うようには行きませんでした。

最近はKodak AZ651で撮影する事が多いのですが、今回はSIGMA DP3 Merrillで撮影しました。Kodakは昔から愛用していて、今でも手放すのが惜しくて昔のモデルを保管していたりするのですが、このSIGMA DP3はKodak以外のメーカーで購入したモデルの一つになります。しばらく休眠状態だったので、バッテリーの充電を含めて本体の異常がないかどうかチェックしました。幸いにもトラブルがないようだったので、唐辛子の生育状況について撮影を行いました。


写真① 唐辛子の全体像。苗の頃に比べてだいぶ大きく成長しました。

写真② 唐辛子の実ができて来ました。実はまだ小さい。

写真③ 上の写真②と同じですが、少しばかり撮影条件を変えて。

写真④ こちらは鷹の爪。唐辛子の比べて丈は低い。苗で購入した時点ではほとんど同じだった。

写真⑤ 撮影のついでに庭にあった草花を撮ってみる

写真⑥ 上と同じ草花で、花の部分をアップして撮影

これからの季節、植物等の被写体が増える時期でもあり、カメラでの撮影も楽しい時期になります。いつも写真が少ない当ブログも少しはマシになるといいけれど(笑)。

カテゴリー: デジタルカメラ, 一般 パーマリンク

2 Responses to 唐辛子栽培(3)

  1. CoupeCamper のコメント:

    良い感じで実がつき始めましたね!
    葉の色艶もとっても良いですし、このまま美味しいピーマンと唐辛子になってくれると良いですね!
    やはり、デジイチで撮った写真は、ボケ具合が違いますね!

    • 鼻毛石 のコメント:

      くーぺさん
      何とか母の手借りたりしながら、ようやく念願の実がなりました。今後は撮影の機会に応じて2つのデジカメを使い分けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA