先代Macbook Airを同僚に安く譲ることにしたけど・・・

今回M1 Macbook airを購入した事で、今まで使用してきた先代のAirを同僚に安く譲る事にしました。Early2014モデルなので最新のBig Surにも対応しており、買った当初は128GBのSSD内蔵ですぐに限界に達したため、その後1GBのSSDにアップしました。

譲る前にSSDの中身をフォーマットして工場出荷状態にしておこうと作業を始めて、トラブルに気付きました。内蔵SSDを選択してフォーマットしようとしたのですが、なぜかできない・・・・。購入時に付いていたSSDをケースに入れてAirに接続して、起動ディスクを変更しようとしてもできない。iPadで初期化方法を調べながら作業をして、電源投入後すぐに⌘+Rキーを押すと、そこで工場出荷状態にできる、いわゆるフォーマットメニューが出てくる事になっていますが、そこに出てくるのは鍵マークとパスワード入力画面。どうやら、いつかのタイミングでFirmware passwordを設定してしまったようで、それが思い出せない・・・。これが、通常よくあるパスワードリセット的な解決法ではダメで、Genius Barに相談か、Apple正規ディーラーへと言うことでユーザーでは簡単にリセットができないようです。YouTubeで強引な解決法が紹介されているのですが、工具や勇気がないとできません(笑)。リスクを考えれば避けたいところです。失敗して壊してしまうと、譲る事もはてまた売る事もできなくなります。

有償(11000円+送料)でリセット作業をやってくれる所もある様で、最終手段としてはここを頼るしか手はないかもしれません。

 

 

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

2 Responses to 先代Macbook Airを同僚に安く譲ることにしたけど・・・

  1. Coupecamper のコメント:

    パスワードの問題は厄介ですね。自分もいくつか忘れて、アメブロなど自分も会員登録していないとお友達へのコメントできないケースなどで、オリジナルを忘れてしまい、仕方なく新たなIDを作らざる得なくなったりしています。
    2014年のMacBookAirだとあと4〜5年は主力マシンとして使えそうですね。でも販売するために15千円くらいかかってしまうと、大きな損失ですね。なんとか思い出せると良いですが。

    • 鼻毛石 のコメント:

      くーぺさん
      パスワードの問題は今の世の中、付いて回りますね。日頃頻繁に使用しているパスワードならば忘れる事もあまりないのかも知れませんが、今回は手ごわいです。
      少し、時間をかけていろいろと試して見る事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA