Apple Design Keyboard

Macを長年使ってきて思う事は、最近は良いキータッチのキーボードに巡り合えない事。純正のキーボードはキーが浅く、何だかスイッチ見たいな感じがする。テキストを早く入力するにはキーが浅い方が好まれるのかもしれないが、個人的には時々使う程度でほとんどがモニターの下で休眠状態になっている。最も最近購入したキーボードで気に入っているのは、カナダのMatias社のTactile Pro位で、このキーボードはかつてのApple純正キーボードに近い感じでキー入力ができます。個人的には好みだけど、カチャカチャと音が大きいのが問題で、例えば周囲に誰かいる場合などは耳障りに思われてしまうかもしれません。

先週、かつての純正キーボードのいくつかが販売されているのを見つけ、程度が良かったので購入に至りました。買ったのはApple Design Keyboardです。この時代のキーボードを使うには、ADBからUSBに変換しないと使う事ができないのですが、私はiMate(ADB–>USB)を捨てずに持っていたので、それを使い接続をしました。これで問題なく使用できますが、いくつかの制限があります。例えば、num lock、caps lock、scroll lock等のキーは反応しません。
本体右上にこれらの機能を有効にした際に表示する表示灯(シグナル?)がありますが表示されません。あくまでもキー入力のみと言った所でしょうか。

実はこれ以外にも個人的にはKensignton社のADB Track bollを持っていますが、こちらはiMateを介さず、ADB-USB変換ケーブルで使っています。

以下は今回購入した、Apple Design Keyboard.

Apple Adjustable Keyboard

こちらは、iMateのアップ。

iMate

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

Apple Design Keyboard への2件のフィードバック

  1. CoupeCamper のコメント:

    キーボードは、確かに相性がありますね。私は、長年ノートパソコンを使い続けているので、深いタッチで間隔に余裕があるキーが逆に苦手で、今のAppleのワイヤレスキーボードは非常に打ちやすくタイプミスがほとんどありません。一方、前のiMacのキーボードを無水アルコールでダメにした時に買ったサードパーティーのキーボードは、非常に打ちづらく、タイプミスが頻発で、イライラしました。
    ADBの製品を使われているとは、驚きです。いまだ現役のPismoもiMac G3スノーも、G4CubeもUSBですので。

  2. 鼻毛石 のコメント:

    くーぺさん
    キーボードの好みは個人差がある気がします。現行のWireless keyboardはストロークが浅くて、テキストを早く打つときにはそれほど手に負担もなくよい気がします。ただ個人的には毎回使いたいかといえば、そうではなく、やはりある程度ストロークが深いものが良いです。

    ADBとは言うものの、接続するにはADB→USB変換を介していますから厳密にはADBオリジナルとはいえませんね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA