古いLet’s NoteにWindows 11をインストール

世の中はまだまだWindows 10が圧倒的ですが、人柱的な感じで手持ちのLet’s Note(CF-LZ4)にWindows 11をインストールしてみました。 Microsoftによれば、ハードウエアの構成が条件を満たしていないとインストールできない事になっています。私のLet’s Noteも例外ではなく、正式にはWindows 11にはアップグレードできない事になっています。

ネット情報を使って古いPCにWindows 11をインストールされたユーザーの方の記事を参考にトライしてみました。

    TPM 2.0回避 Windows 11正式版を古いパソコンにインストールしてみました

→この記事を参照

❶手順としてまず、windows 11用のインストールメディアを作ります。
Windows 11をダウンロードすると検索するとすぐにサイトが見つかりますし、上記のページからもリンクで飛べます。
私はUSBメモリー(8GB以上が必要)に作成しました。

❷作成したUSBメモリーをLet’s Note本体に差してBootするのですが、BIOSからUSBを指定してあげないといけません。Macとは違い、面倒。
❸USBメモリーから無事Bootできると指示に従ってインストール作業を進めて行くのですが、

    このPCではWindows 11を実行できません

と、悲しいお知らせが・・・。

❹ここからが、肝の部分らしいのですが、TPM認証とやらを回避すべく、レジストリの変更が必要(何が何だが??でもその通りに作業進める)
❺再度、USBからBootしてインストールを進める。当初、Windows 10からのアップデートを選択するもうまく行かなかったので、クリーンインストールを選択する事で無事インストール作業を終了しました。

クリーンインストールなので、アプリの類いは再度インストールしなおしです。それでも、本体はそのまま使うことができます。知らずに情報を鵜呑みにすると、PC買い替えを考える人も出てくる事になりますが、ただ、敷居がちょっと高いのも事実ですね。

「古いLet’s NoteにWindows 11をインストール」への2件のフィードバック

  1. 古いけど大切なPCがまだ現役で使えたのは良かったですね。今はセキュリティを考えると、古いOSはスタンドアロン寄せざる得ませんから。それにしても、裏技を編み出す人がいて、知識を共有できるのはいいものですね。

    1. くーぺさん
      Microsoftとしては良いのか悪いのか、でも新しい製品の売れ行きに影響しますからあまり良いこととは思っていないと感じます。
      ネットは悪いことが目立つことが多いですが、良い事も多いのも事実ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA