iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなった?

個人用携帯ですが、職場での連絡などにも使っているiPhone 8 plus。新規購入してから時間的に結構経ちますが未だ現役で使用しています。そろそろ新機種に買い替えても良いのですが予算的な事もあり、新機種導入はもう少し先になりそうです。

今のところ特にトラブルはなく使ってきていますが、ここ最近バッテリーの減り具合が大きくなりました。例えば、朝100%あったバッテリー残量が車の移動の間で半分の50%台まで減ったりすることがあります。帰宅時も職場を出るときに70%台だったのが、帰宅時に確認すると1%でLow Batteryのアラームが表示されると言うのがここ最近の現象です。

以前はこんなことはなかったのですが、バッテリーの劣化によるものなのか、今未だ原因がつかめていません。ただ、バッテリーの使用状況を診てみると、バックグランドで動作しているアプリによる消費が結構あることがわかってきました。Yahoo天気や渋滞情報、Mail等のアプリが比較的大きな使用状況でした。そこで、設定からバックグランドで動作をしないように変更をかけたりしました。そもそも天気や渋滞情報は事前に確認できればたいていは済む事が多いのでバックグランドで動作していなくても良い事になります。しかし、Mail等は重要な連絡もあったりするので基本OFFにはできないのが厳しい所です。

もう一つこの現象の不思議な所が、職場などの机の上にiPhoneを置いているときは、それほどバッテリーは減らないと言う事。今まで確認できているの多くの場合車での移動時なので、カーナビとリンクさせているアプリが悪さをしている可能性を考えています。
同じiOSを使用しているiPadは購入時期も新しい事もあってかこの様な事は発生していません。

iPhoneの設定画面から考えられそうなアプリ設定を変更していますが解決ができていません。

もう少し、踏み込んでの調査が必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA