かわせみ2を購入

普段、Macを使っていて日本語を入力する際に使う日本語入力ソフトは、ことえり、ATOKとかわせみがあります。どれを使うかは個人の好みという事になります。お金を全くかけたくないというのであれば、ことえりで事は済みますし、少しでも便利に使いたいということであれば、ATOKやかわせみを使えばよいことになります。

最近はことえりのできばえも非常によくなっていて、あえて有料のソフトを購入する必要もないという事も言えると思いますが、それでもかゆいところに手が届くといった昨日があるのは純正のソフトにない良さといえそうです。しばらくは、私もかわせみを使っていましたが、その後ATOKに移行しました。理由は手書き認識機能がなかったことです。難しい読みのわからない漢字を入力するには必須のツールとも言えるこの機能がないのは、ちょっと私にとっては問題でした。しばらくATOKを使用していましたが、かわせみ2が出たことで、再びかわせみに戻りました。手書き認識機能も搭載されています。今までの手書き認識は、四角いマスの中にマウスで文字を描くわけですが、今回のかわせみ2では、画面全体のどこに描いてもその文字を認識・入力してくれます。一言で言えば狭い枠にとらわれずに、広いスペースが使えるということです。これは、特に高齢者のユーザーにとってはありがたい機能だと思います。

私にとっては、この手書き認識搭載だけで購入の価値ありでした・・・・。体験版ダウンロードも可能のようですから、興味ある方は一度利用してみては良いかと思います。

http://www.monokakido.jp/mac/kawasemi2.html (物書堂HP)

 

 

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA