Apple Magic Mouse 2とMagic Keyboard

つい最近、Magic Mouse 2とMagic Keyboardを購入しました。自分で言うのも何ですが、私は昔からマウスとキーボードに関しては結構浮気性です。今までも購入したマウスやキーボードをたまに引っ張り出してみては使ったりして、その時の気分等で使い分けています。ただ、歴代のもの全てを取っておくには場所も限られているので不可能です。特にMacがUSBポートを採用し始めた頃を境にそれ以前のキーボード類は大方処分してしまった気がします。

充電式キーボードとマウスで今回購入してみましたが、特にキーボードのキータッチは大きく変わっているような気がします。これはAppleに限った事ではないかもしれませんが、昔のキーボードがストロークが深くどちらかと言うとキーを押し込む様な感じだった気がします。これはMacもWindowsでも同様だったと思います。

それがMacで言うところのiMacが登場し始めた頃から大きく変わってきたと思います。職場でも当時iMacを購入したのですが、デザインは斬新でしたが、キーボードの方はとりわけキータッチが大きく変わって、キーを押すとふにゃふにゃした感じで馴染めなかった思いがあります。自宅では当時PowerMac 8500が主力でこのキーボードの軍門に下ることはありませんでしたが、その後のPowerMac G3(ポリタンク)に切り替えた時には、iMate(シリアル-USB変換)を使ってApple Extend Keyboardを流用していました。

個人的にはどちらかと言うとストロークの深いタイプのものが好みで、純正品以外では、一時期Happy hacking keyboard、Matias tactile keyboard、最近では東プレのRealforce for Macを使ってみました。

純正品には純正品の良さがあるので、今回それを試してみるべく現行のモデルを購入してみました。1世代前のものに比べ、ストロークはさらに浅くなっているようですが、決しタイピングがしにくいわけではありませんでした。これは正直びっくりでしたが、良い意味での改良と感じます。テンキー付きモデルでも充電式となっていてこれは取り回しが良いので賛成です

マウスは重量が先代のものより軽くなっていて、キーボードもそうですがグレー?とホワイトの2色が選べる様です。ただ、人気がグレーなのか、納期がグレーの方が長い様です。

今回購入したApple Magic Keyboard

KODAK Digital Still Camera

 

 

 

 

 

同じくMagic Mouse 2(左の白いのは先代Magic Mouse)

KODAK Digital Still Camera

カテゴリー: Macなお話 パーマリンク

2 Responses to Apple Magic Mouse 2とMagic Keyboard

  1. CoupeCamper のコメント:

    2019モデルのiMacについていたのが左の白でしたので、新しいモデルが出たのですね。今のマウスのスクロールの方向が、従来のホイールマウスと真逆だったので戸惑いました。今は慣れましたが。
    キーボードは、私はずっとノートパソコンだったので、キーのピッチが狭く、ストロークの浅い方が好きです。そういう点では、純正のキーボードは、非常に使いやすいと感じています。慣れ次第で、色々ですね。

    • 鼻毛石 のコメント:

      くーぺさん
      今までの仕様が変わると戸惑いますね。私もMacを使っていて例えばF6キーで今まではひらがなに変換してくれていたのが、キーボードやシステムを入れ替えた際にそれが効かなくなって、戸惑う経験がありましたのでよくわかります。

      キーボードも個人的な好みもあったり、Macも古参ユーザーと比較的新しくユーザーになった人ではまた違ったりと難しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA