無線LANルーターを更新

普段使用している無線ルーターを更新しました。今まではBuffaloのAirStation WXR-1750DHPを使ってましたが、同じAirStation WSR-A2533DHP3に切り替えました。理由はある程度の性能向上を期待したのと、1750DHPは本体上にロッドアンテナが3本あって配置する場所がそれを考慮すると、今ある設置場所では少々不都合な点がありました。2533DHP3は内蔵アンテナになっているので、本体上にアンテナはありません。

ちなみに今回購入したモデルはAmazon限定モデルとの事で、到着した製品の外箱は通常に市販品とは異なりシンプルな茶色の箱で届きました。中のマニュアルもいたってシンプルで、必要ならBuffaloのサイトからダウンロードしてくださいと言うスタンスのようで、多分、始めて買う人には少々戸惑ってしまう可能性がありと言う感じがしました。

設置やネット接続はいたって簡単でLANケーブルをつないで本体にあるスイッチをAUTOにしておけば、基本何もしなくても接続できます。AirMac Extremeの時も接続は簡単ですと言う事でしたが、こちらもそれに匹敵するくらい簡単です。

実は昨日設置してしばらく問題なく使っていたのですが、その後トラブルが発生しました。Ethernetで接続しているMacPro上である時間からメールの受信ができなくなりました。当初はメールサーバーのトラブルを疑ったのですが、ネットにも接続ができなくなりました。それで、フレッツの障害情報等を確認したりもしましたがトラブルはなし。NTTからレンタルしているルーターからは問題ないようなので、いよいよ、AirStationが初期不良?と疑い出しました。
そこで、従来使用していたAirStationに戻して様子を見ました。細かく見て行くと、DHCPの設定は普段自動でIPを振る設定にしてるのですが、うまく行っていないようで、DHCPのリースを更新するとIPが数秒待ってから振られているような状態でした。

結局、AirStationを初期設定に戻し、且つ、NTTのルーター(こちらも設定を確認して)をいったん再起動することで改善されたようです。前回、AirMac ExtremeからAirStationに切り替えた際には、こんな症状がなかったのですが、今回はじめての症状でした。今思えば、AirStaitonを接続する際にNTTのルーターも再起動しておけば良かったのかも知れません。
これらを解決するまでに明け方までかかってしまいました。

カテゴリー: iPhone and iPad, Macなお話, Windowsのお話 パーマリンク

2 Responses to 無線LANルーターを更新

  1. CoupeCamper のコメント:

    パソコンに関するトラブルは、昔から時間食い虫ですね。とりあえず直ってよかったですね

  2. 鼻毛石 のコメント:

    くーぺさん
    昔から何かトラブルに嵌まると時間を要する事が多いですね。今回は週末と言う事もあって良かったのですが、これが平日ならとてもこんなことはしていられません。
    もちろん、無線ルーターの交換も週末以外に手を出す事は基本ありませんけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA